【初心者向け】MT4でトレードを始めるための初期設定5選【完全版】

悩んでいる人悩んでいる人
MT4のダウンロードとログインが完了したので、さっそくトレードを始めたいです。MT4でトレードするのに、最低限必要な初期設定をまとめて教えてください!
 
こういった疑問を解決します。
 

この記事は『MT4のダウンロードとログインはできたので、最低限必要な初期設定だけ知りたい!』という方向けです。
 
実際に私も『トレードを始められるだけのMT4の設定を最低限でいいので知りたいな…』と思っていた経験があります。
 
今回は、XMをメイン口座として3年以上使っている私が『MT4でトレードするための初期設定』を完全解説します!
 
✅この記事の内容

・MT4の初期設定を5つ順番に解説

・私と同じトレード環境になる設定方法をご紹介

 
✅この記事を書いている人

私は専業のトレーダーで、普段はFXや株のトレード収益のみで生活しています。

トレード歴は4年目で、現在は約300万円を証拠金にしてトレードしています。

 
本記事を読むことで『これで実際にトレードを始められそうだな!』という状態までMT4を設定することができるので、ぜひ最後までお読みください。
 
それでは始めましょう!
 

MT4でトレードを始めるための初期設定5選

 

MT4でトレードを始めるための初期設定5つ、早速ご紹介していきます!

 

まずは、実際に私が普段からトレードしているMT4の画面をお見せします。

 

今回は、私の設定している画面と同じになるように初期設定の方法を解説しますね!

 

MT4の画面

 

上の写真は、私が普段から使っているXM TradingのMT4のドル円チャートになります。

 

下の5つの初期設定をすれば、上の写真と全く同じようにチャートを表示させることができます。

 

① 取引したい通貨のチャートを開く

② ローソク足・スクロール・シフトを設定する

③ グリッドを消す・ラインを引く

④ インジケーターを導入する

⑤ ワンクリック注文を設定する

 

それぞれ、順番に解説していきますね!

 

① 取引したい通貨のチャートを開く

まずは、取引したい通貨のチャートを開きましょう!

 

今回は、例としてドル円のチャートを開いてみます。

 

MT4にログインしたばかりの状態では、下の画面のようになっていると思います。

 

MT4の画面

 

この画面の左上にある『気配値表示』から、ドル円を表す『USDJPY』の上で右クリックしてください!

 

すると、下のようなポップアップが表示されます。

 

MT4の画面

 

『チャートを表示』をクリックすると、ドル円のチャートがMT4上に表示されますよ!

 

MT4の画面

 

なお、画面の左側に『気配値表示』と『ナビゲーター』の2つのポップアップが上下に表示されていますよね。

 

この2つのポップアップは、上の写真の通り画面の左上にあるタブをクリックすると隠すことができます。

 

今は必要ないので、一旦隠しておきましょう!

 

② ローソク足・スクロール・シフトを設定する

続いて、表示したドル円のチャートを使いやすいようにカスタマイズしていきます。

 

チャートを開いたとき、最初は『バーチャート』が表示されているので、一般的なローソク足に変更します!

 

MT4の画面

 

上の写真のように、ローソク足のマークをクリックするとローソク足チャートが表示されますよ。
 
続いて、チャートの『スクロール』と『シフト』の設定をしていきます。
 

・『チャートのスクロール』
ローソク足が動くたびに、チャートが常に右側に自動スクロールされる。

・『チャートのシフト』
チャートの右側にスペースができる。

 
チャートのスクロールとシフトには、上記のような役割があります。
 
MT4の画面
 
スクロールとシフトの機能はチャートが見やすくなるので、個人的には便利だなと思って両方オンにしています。
 
ただ人によって好みがあると思いますで、使いながら自由に設定してみてくださいね!
 

③ グリッドを消す・ラインを引く

続いて、チャートのグリッドを消し、自分でラインを引いてみましょう!

 

まず『グリッド』とは、チャートに引かれている白い点線のことです。

 

これから自分でラインを引いていくのですが、ラインの数が多くなってしまいチャートが見にくくなるので、私は消しています。

 
MT4の画面
 
もし消したいという方は、チャート上で右クリック⇒プロパティ⇒全般から『グリッドの表示』のチェックを外すと、グリッドを消すことができますよ!
 
必要だと思う方は、もちろんそのまま残しておいて問題ありません。
 
続いて、チャート上にラインを引いていきます!
 
私は『ハイレバで成功する方法』でもご紹介しているのですが、チャートのキリ番(.000と.500)にラインを引いています。
 
MT4の画面
 
横のラインは、上の写真のように『ー』のマークをクリックすると引くことができます。
 
MT4の画面
 
ラインの色や太さ・場所については『ライン上で右クリック⇒Horizontal Lineプロパティ』をクリックすると編集できますよ!
 
なお、ラインをダブルクリックすると固定され、ドラッグしても動かなくなります。
 
再度ダブルクリックすると、レートの左側に白い丸が表示され、ドラッグするとラインを動かせるようになります。
 
MT4の画面
 
横のラインの他にも、縦のラインやななめのラインも引くことができるので、ぜひ効果的に利用してくださいね!
 

④ インジケーターを導入する

続いて、チャートにインジケーターを導入していきます!

 

インジケーターとは、移動平均線や一目均衡表・ボリンジャーバンドなど、チャート分析を助けてくれるツールのことです。

 

私は、普段から5本の移動平均線をチャートに表示しています。

 

MT4の画面

 

移動平均線は、左上のメニュー『挿入』から『インディケーター⇒トレンド⇒Moving Average』とクリックしていくと表示することができます!

 

MT4の画面

 

移動平均線の期間については、パラメーターの『期間』に数字を入力して変更します。

 

ちなみに私は、『20・50・75・100・200』という5つの期間の移動平均線を表示させていますよ!

 

移動平均線に限らず、ご自身が使いたいインジケーターを表示させてみてくださいね。

 

⑤ ワンクリック注文を設定する

最後に、ワンクリック注文を設定していきます!

 

ワンクリック注文とは、その名の通り『ワンクリックで注文できる』機能です。

 

MT4の画面

 

ワンクリック注文は、チャートの左上にある小さな三角形をクリックすると表示することができます。

 

もし『小さな三角形が見当たらない!』という方は、一番上のメニューから『ツール』をクリックしましょう。

 

『ツール』をクリックしたら、一番下に出てくる『オプション』をクリックしてください!

 

MT4の画面

 

すると、上の写真のようなポップアップが表示されるので『取引』をクリックします。

 

『ワンクリック取引』にチェックを入れると、チャート上にワンクリック注文機能が表示されますよ!

 

あとはロット数を入力し、BuyボタンもしくはSellボタンをクリックすればワンクリックで注文を出すことができます。

 

MT4の画面

 

以上で初期設定は完了です。

 

この記事の最初にご紹介した私のMT4の画面と、全く同じ設定になっているのではないでしょうか?

 

MT4にはまだまだ色々な機能が備わっているので、ぜひ使いながら自分流にカスタマイズしてみてくださいね!

 

まとめ:MT4でトレードを始めるための初期設定5選

MT4でトレードを始めるための初期設定5選、いかがでしたでしょうか?

 

トレードを始める準備が整ったら、ぜひ3,000円分の口座開設ボーナスを使って取引を始めてみてくださいね!

 

もし『1ロットで取引すると、どれくらいの利益額・損失額になるんだろう?』という疑問をお持ちの方がいれば、下の記事を参考にしてみてください。

 

>>【実験】XMのスタンダード口座で1ロット取引した場合の利益と損失額【2021年最新版】

 

上の記事では、実験として私自身が1ロットでトレードしたシュミレーションの結果をご紹介していますよ!

 

それでは、今回解説した5つの初期設定を改めて振り返っておきますね。

 

① 取引したい通貨のチャートを開く

② ローソク足・スクロール・シフトを設定する

③ グリッドを消す・ラインを引く

④ インジケーターを導入する

⑤ ワンクリック注文を設定する

 
XMを始めとした海外のFX口座については、ぜひ下の関連記事も参考にしてみてください。
 
それでは、本日は以上です!
 
 
 

【関連記事】【2021年最新版】XMの入金方法を7つ全て解説【体験談】

 

【関連記事】【2021年最新版】XMの追加口座を開設する5つの理由と方法【実体験】

 

【関連記事】【2021年最新版】XMのハイレバ手法を解説【実績公開】