【2021年最新版】XMのスプレッド比較一覧【広いのか検証】

悩んでいる人

海外FX口座のXMを使いたいと思っています。今使っているFX口座とXMの各通貨のスプレッドを比較して見てみたいので、一覧で教えてくれると助かります。また、XMの他の海外FX口座との比較も知りたいです!

こういった疑問を解決していきます。

この記事は『XMの各通貨のスプレッドを、一覧で比較しながら見てみたいな…』という方向けです。

実際に私も、XMを使い始める前は『XMのスプレッドって広いのかな?他の海外FX口座とも比較したらどんな感じなんだろう』と疑問に思っていた経験があります。

今回は、現在専業トレーダーとして生活している私が、実体験を踏まえながら『XMのスプレッド比較一覧』をご紹介していきます!

この記事の内容

・XMの各通貨のスプレッド比較一覧をご紹介

・XMのスプレッドは他のFX口座と比べて広いのか解説

✅この記事を書いている人

私は専業のトレーダーで、普段はFXや株のトレード収益のみで生活しています。

トレード歴は4年目で、現在は約300万円を証拠金にしてトレードしています。

本記事を読むことでXMのスプレッドついて理解することができ、スプレッドの狭い口座を使って有利にトレードできるようになるので、ぜひ最後までお読みください。

それでははじめましょう!

\ 今だけ3,000円をゲット! /

目次

XMのスプレッド比較一覧

【簡単5分】海外FX業者のXMで口座開設する方法【初心者向け】

今回は、XMが用意している下の3つの口座タイプに分けてスプレッドを比較していきます。

  1. スタンダード口座のスプレッド一覧
  2. マイクロ口座のスプレッド一覧
  3. XM Trading Zero口座のスプレッド一覧

それぞれ、順番に見ていきましょう!

① スタンダード口座のスプレッド一覧

まず最初に、XMが用意している一般的な口座である「スタンダード口座」のスプレッドを一覧で見ていきます。

なお、スプレッドは時間帯によって変化します。

もっとも狭いときが「最低スプレッド」で、普段トレードするときは「平均スプレッド」が適用されると考えておけば問題ありません!

\ クリックすると一覧を表示できます! /

こんな感じになっています。

長くて分かりにくいと思うので、日本人にもっともトレードされている3つの通貨に絞ってみましょう!

通貨ペア 最低スプレッド(pips) 平均スプレッド(pips)
USDJPY1.51.6
EURJPY2.12.3
EURUSD1.61.7
3通貨のスプレッド

日本のFX口座のドル円のスプレッドが0.3pipsほどであるのを考えると、少し広く設定されていますね。

また、他の海外FX口座に比べるとスプレッドの広さは平均的な水準です!

② マイクロ口座のスプレッド一覧

続いて、ロットサイズが小さく小額でトレードできる「マイクロ口座」のスプレッドを見てみましょう。

\ クリックすると一覧を表示できます! /

マイクロ口座のスプレッドは、スタンダード口座と同じに設定されています。

通貨ペア 最低スプレッド(pips) 平均スプレッド(pips)
USDJPY1.51.6
EURJPY2.12.3
EURUSD1.61.7
3通貨のスプレッド

上記3つの通貨のスプレッドも、スタンダード口座と同じです。

マイクロ口座は、日本のFX口座と同じ1,000通貨でトレードできるので、リスクを抑えてトレードを始めたい方にとって最適な口座ですね!

③ XM Trading Zero口座のスプレッド一覧

さいごに、スプレッドが狭く設定されている「XM Trading Zero口座」を見ていきましょう!

Zero口座の場合、スタンダード口座に比べて平均スプレッドが狭く設定されています。

一方で、トレードするごとに10ドルの手数料がかかってきます。

今回は、表の一番右に10ドルの手数料を含めたスプレッドを記載しているので、参考にしてみてください!

\ クリックすると一覧を表示できます! /

上記のようになっています。

スタンダード口座と同じように、日本人トレーダーによく取引されている3つの通貨をピックアップしてみましょう。

通貨ペア 平均スプレッド(pips) 手数料 手数料込みのスプレッド(pips)
USDJPY0.110USD1.1
EURJPY0.610USD1.6
EURUSD0.110USD1.1
3通貨のスプレッド

XM Trading Zero口座であれば、ドル円・ユーロドルは1pipsほどのスプレッドでトレードできるようになります。

また、ユーロ円はスタンダード口座に比べて1pipsほどスプレッドが狭く、かなりお得に取引できますね。

トレードにある程度慣れていて、よりスプレッドの狭い口座で取引したい方は必ずXM Trading Zero口座を使いましょう!

XMのスプレッドは広いのか解説

続いて、他のFXを業者と比べてXMのスプレッドは広いのか、また実際にXMを使うべきなのかを解説していきます。

  1. XMと日本のFX業者のスプレッドを比較
  2. XMと他の海外FX業者のスプレッドを比較

それぞれ見てみましょう!

① XMと日本のFX業者のスプレッドを比較

まず、XMと日本のFX業者のスプレッドを比較してみましょう。

結論から言うと、XMのスプレッドは日本のFX業者と比べると「広い」です。

先ほども書いたとおり、日本のFX業者のドル円のスプレッドは0.3pipsが定番だからです。

では「スプレッドが狭いから日本のFXのの業者を使うべきか?」というと、そうとも言えません!

特徴国内FX業者XM Trading
スプレッド
口座開設ボーナスなし3,000円分
入金ボーナスなし50万円分
レバレッジ最大25倍最大888倍
追証(借金)のリスクありなし

たしかにXMの方がスプレッドは広いかもしれませんが、日本のFX業者にはないメリットがたくさんあります。

たとえばXMなら、口座を開設するだけで3,000円分のボーナスをもらってトレードできるので、日本のFX業者のように最初から自分のお金を入金する必要はありません。

また、最大レバレッジも888倍とXMの方が高く、小額から大きな資金を作るのは日本のFX業者ではほぼ不可能です。

「とにかくスプレッドが大事なんだ!」という方を除いて、ほとんどのトレーダーさんにとってはXMを使うほうがメリットを感じることができますよ!

② XMと他の海外FX業者のスプレッドを比較

次に、XMと他の海外FX業者のスプレッドを見てみましょう。

結論、XMのスプレッドは他の海外FX業者と比べると「平均的」だと言えます。

XMは、初めて利用される方でもリスクの低いトレードができるように、ボーナスがとても充実しています。

そのため、上の記事でも実際に比較しているように、他の海外FX口座と比べて「めちゃくちゃスプレッドが狭い」というわけではないのです。

ただ、先ほども書いたとおり口座を開設すれば誰でも3,000円分のボーナスを受け取ることができ、利益がでればすべて自分のものになります。

ノーリスクでFXを始めて資金を増やせるチャンスなので、XMの口座を使わない理由はありませんね!

\ 今だけ3,000円をゲット! /

【まとめ】XMのスプレッド比較一覧

XMのスプレッド比較一覧をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

XMのスプレッドは広すぎる、ということはありませんが、他社と比べるとそこまで大きな特徴があるわけではありません。

しかし、そんなスプレッドの広さを忘れさせてくれるくらいの豪華なボーナスが、XMを利用する一番のメリットでもあります。

ぜひXMをうまく使って、トレードで資金を増やしてみてくださいね!

XMのスプレッド比較一覧
  1. XMはスタンダード口座・マイクロ口座・XM Trading Zero口座の3つの種類の口座を用意している。
  2. この3つのFX口座のなかでは、XM Trading Zero口座のスプレッドがもっとも狭い。
  3. 日本のFX業者と比べると、XMのスプレッドは広い。
  4. また、他の海外FX業者と比べても、XMのスプレッドは平均的な狭さ。
  5. 一方で3,000円分の口座開設ボーナスや50万円分の入金ボーナスなど、スプレッド以外の点でXMはメリットが大きい。 

今回の記事のまとめは、上記のとおりです。

もしXMについてさらに詳しく知りたい場合は、ぜひ下の関連記事を続けて読んでみてくださいね。

それでは、本日は以上です!

【関連記事】【2021年最新版】XM Tradingの始め方&使い方を完全解説【全18記事】

【関連記事】【2021年最新版】XMの口座タイプ3種類を徹底比較【体験談】

【関連記事】【2021年最新版】XM Tradingのレバレッジを徹底解説【失敗しない】

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる