【動画あり】BigBossのスプレッドを一覧で比較【保存版】

悩んでいる人

「BigBossのスプレッドって広いの?せまいの?」

「他の海外FX口座とくらべて、BigBossのスプレッドってどうなの?」

「BigBossの取引ボーナスとスプレッドの関係は?」

BigBossにはスプレッドがせまい通貨とそうではない通貨があるのですが、多くのトレーダーがそれを知らずに取引してスプレッドで損をしています。

実際に私も、専業トレーダーとして独立する前はBigBossのスプレッドについてしっかり理解しておらず、いくらの手数料をムダにしたかわかりません。

リク

「スプレッドを気にせずトレードするのは、かなり危険です。」

そこでこの記事では、これからBigBossを使いはじめようと思っている方にも理解しやすいように「BigBossのスプレッド一覧」をまとめてご紹介していきます!

本記事を読むことで、BigBossのスプレッドで損しないトレードの方法を知ることができます。

\ 4ドルのボーナスが無制限にもらえる! /

目次

BigBossのスプレッド一覧

まずはじめに、BigBossが用意している2つの口座タイプのスプレッドを、一覧で見てみましょう。

  1. BigBossのスタンダード口座のスプレッド
  2. BigBossのプロスプレッド口座のスプレッド

それぞれ、動画付きで順番に解説します!

① BigBossのスタンダード口座のスプレッド

Big Boss のホームページ

まずはBigBossのスタンダード口座のスプレッドを見てみましょう!

下の動画は、日本人がよくトレードしている15個の通貨ペアについて、取引ツールであるMT4のスプレッドを録画したものになります。

1番右の「!」の列が、各通貨のスプレッドです。

スプレッドを録画したのは、日本時間の22:00前です。

「ニューヨークタイム」とも呼ばれる、もっとも多くのトレーダーがマーケットに参加している時間帯ですね!

通貨ペア平均スプレッド
USDJPY1.6pips
EURJPY2.2pips
EURUSD1.8pips
スタンダード口座の平均スプレッド

ドル円・ユーロ円・ユーロドルという主要3通貨ペアのスプレッドは、上の表のとおりとなっています。

② BigBossのプロスプレッド口座のスプレッド

続いて、BigBossのプロスプレッド口座を見てみましょう。

プロスプレッド口座は「ECN口座」とも呼ばれている、せまいスプレッドでトレードできるFX口座です。

スタンダード口座と同じように、日本時間の22:00前にMT4のスプレッドを録画しました。

プロスプレッド口座は、1ロット取引するごとに往復で9ドルの手数料がかかります。

一方で、1ロットの取引ごとに4ドルのキャッシュバックももらえるので、実質の取引手数料は5ドルということになります!

プロスプレッド口座は、上の動画のスプレッドに5ドル(=5pips)を足したものが、本来のスプレッドということです。

通貨ペア平均スプレッド(手数料込)
USDJPY0.9pips
EURJPY1.4pips
EURUSD1.3pips
プロスプレッド口座の平均スプレッド

5ドルの手数料を足し合わせたときの、主要3通貨の平均スプレッドは上の表のとおりです。

スタンダード口座に比べれば、どの通貨もスプレッドがせまいことがわかりますね!

リク

「ちなみに、ビットコインはスタンダード口座でしかトレードできません!」

BigBossのスプレッドを他社と比較

トレーダー

「スタンダード口座とプロスプレッド口座についてはよくわかりました。」

「では、他の海外FX口座と比べるとBigBossのスプレッドってどうなんですか?」

BigBossのスプレッドを一覧で見ても、他の海外FX業者との違いはよくわかりませんよね。

ここからは、BigBossの2つの口座タイプのスプレッドについて、海外FX14社で比較していきます!

  1. スタンダード口座のスプレッドを比較
  2. プロスプレッド口座のスプレッドを比較

それぞれ、順番に見ていきましょう。

① スタンダード口座のスプレッドを比較

まずはじめに、BigBossのスタンダード口座のスプレッドを他の海外FX業者と比較してみましょう!

合計14社のスプレッド比較表は、下のとおりです。

海外FX業者USDJPYEURJPYEURUSD
Big Boss 1.62.21.8
XM Trading 1.5 2.31.6
AXIORY 1.41.41.4
Titan FX 1.31.71.3
IS6FX 1.62.31.5
Gemforex 1.51.61.5
EXNESS 1.11.91.0
iFOREX 1.01.41.0
Trade View 1.82.21.6
Milton Markets 1.51.51.5
Genetrade 1.41.91.4
Land FX 0.81.50.9
FX GT 1.62.21.6
Hot Forex 1.71.61.2
平均値1.411.841.37
スタンダード口座のスプレッド比較

BigBossのスタンダード口座のスプレッドは、どれも平均値より広いことがわかりますね。

特にユーロドル(EURUSD)のスプレッドは、全海外FX業者のなかでもっとも広いという結果になっています。

上の表のBigBossのスプレッドには、4ドルの取引ボーナスは反映されていません。

② プロスプレッド口座のスプレッドを比較

続いて、BigBossのプロスプレッド口座を他の海外FX業者と比較してみましょう。

今回は、ECN口座を用意している海外FX12社のスプレッドを、下の表のようにまとめてみました!

なお、スプレッドはすべて取引手数料を含んでいます。

スクロールできます
海外FX業者手数料USDJPYEURJPYEURUSD
Big Boss $50.91.41.3
XM Trading $101.11.41.1
AXIORY $60.90.90.8
Titan FX $71.01.40.9
IS6FX 無料0.81.10.7
Gemforex 無料0.30.30.3
EXNESS $71.41.91.4
Trade View $50.80.90.6
Milton Markets $80.91.11.0
Land FX $71.01.21.1
FX GT $10 1.31.71.3
Hot Forex $60.81.40.7
平均値0.931.230.93
ECN口座のスプレッド比較(手数料込み)

スタンダード口座とおなじように、プロスプレッド口座のスプレッドも平均値より広いという結果になりました。

特にスプレッドのせまさをウリにしているGemforexAXIORYのECN口座とくらべると、BigBossのプロスプレッド口座はかなり差をつけられている感じですね。

トレーダー

「海外FX口座をえらぶ基準は、スプレッドのせまさだけです!」

「スプレッドがせまい海外FX口座しか使いたくありません!」

上記のような方には、BigBossの口座は合っていないかもしれません。

とにかくスプレッドのせまさを大切にしているなら、BigBoss以外の海外FX口座を使うことをおすすめします!

リク

「BigBossの特徴はスプレッド以外のところにあるので、私は専業トレーダーとして2年以上BigBossを使っています。」

BigBossのスプレッドについて知っておくべきこと

続いて、BigBossのスプレッドについて知っておくべきことを3つご紹介します。

実際にBigBossでトレードをはじめる前に、かならず確認しておいてくださいね!

  1. BigBossの特徴はボーナスとレバレッジ
  2. 取引ボーナスでスプレッドが圧縮される
  3. スプレッドは変動する

それぞれ、順番に見ていきましょう!

① BigBossの特徴はボーナスとレバレッジ

まず最初に知っておくべきことは「BigBossの特徴はボーナスとレバレッジ」なので、スプレッドが他社より広めに設定されれているということです!

BigBossには、ほかの海外FX業者にはない独自の特徴が2つあります。

BigBoss独自の特徴
  • ECN口座でも、1ロット取引するごとに4ドルのボーナスがもらえる。
  • ECN口座でも、最大999倍のレバレッジでトレードできる。

まず、海外FX業者では一般的に「スプレッドがせまいECN口座ではボーナスは対象外」というのが普通です。

たとえば、口座開設ボーナスで有名なGemforexも、ECN口座であるノースプレッド口座ではボーナスがもらえません。

また、ECN口座ではレバレッジが制限されるのも普通です。

たとえば、海外FX業者でもっとも有名なXM TradingのECN口座「XM Trading Zero口座」の最大レバレッジは500倍です。

このように、ECN口座であればボーナスやレバレッジに制限があって当たり前なんです。

しかし、BigBossだけは他の海外FX口座とは違います。

BigBossは、ECN口座である「プロスプレッド口座」でもボーナスがもらえ、さらに最大999倍というハイレバレッジでトレードが可能です!

リク

「ボーナスとハイレバレッジが豪華な代わりに、手数料であるスプレッドはすこし広めだということですね。」

BigBossのスプレッドを他社とも比較して使うかどうか決めるときは、独自のボーナスとレバレッジも考慮にいれて検討する必要があるのです。

実際に専業トレーダーである私は、このボーナスとレバレッジを使うと資金が増えやすいので、BigBossをメイン口座として使っていますよ!

\ 4ドルのボーナス・レバレッジ999倍! /

② 取引ボーナスでスプレッドが圧縮される

続いて、2つ目の知っておくべきことは「取引ボーナスでスプレッドが圧縮される」ということです!

すでにご紹介しているように、BigBossは1ロット取引するごとに4ドルの取引ボーナスをもらうことができます。

この取引ボーナスは、1ロット取引するごとに「4ドルのキャッシュバック」がもらえるのと同じ意味です。

たとえばスタンダード口座のドル円の平均スプレッドは1.6pipsですが、4ドル(=4pips)がキャッシュバックされるので、実質のスプレッドは1.1pipsということになります。

つまり、取引ボーナスにはスプレッドを圧縮してくれるという特徴があるのです。

BigBossの場合は、この取引ボーナスを差し引いたスプレッドで他社と比較する必要がありますよ!

③ スプレッドは変動する

さいごに、3つ目の知っておくべきことは「BigBossのスプレッドは変動する」ということです。

BigBossに限らずですが、海外のFX業者は変動スプレッド制を採用しています

変動スプレッド制内容
特徴相場の状況に応じてスプレッドが変化する。
メリットせまいスプレッドでトレードできる。
デメリット 経済指標や要人発言があるときはスプレッドが広がる。
変動スプレッド制

変動スプレッド制は時間帯によって、かなりせまいスプレッドでトレードすることができます。

一方で、経済指標や要人発言があるときは、スプレッドが急激に広がることがあります。

事前にイベントがないかどうか、トレード前に「みんかぶFX」のようなサイトを確認しておく癖をつけておきましょう!

【まとめ】BigBossのスプレッドを一覧で比較

BigBossのスプレッドを一覧で比較してきましたが、いかがでしたでしょうか?

BigBossのスプレッドは、ほかの海外FX業者とくらべると一見広いように見えます。

しかし、実際は4ドルの取引ボーナスをもらって最大999倍のレバレッジでトレードできる、唯一の海外FX業者なんですよね。

BigBossなら3分で口座開設できるので、ぜひこの機会に多くの専業トレーダーも使っているFX口座を試してみてくださいね!

\ 4ドルのボーナスが無制限にもらえる! /

それでは、今回の内容を簡単にまとめておきます。

BigBossのスプレッド
  • BigBossは「スタンダード口座」と「プロスプレッド口座」という2つの口座タイプを用意してくれている。
  • 「プロスプレッド口座」の方がスプレッドはせまいが、1ロットの取引ごとに9ドルの手数料がかかる。
  • 一方で、1ロットの取引ごとに4ドルの取引ボーナスがもらえるので、実質の手数料は5ドルで済む。
  • BigBossは、ECN口座である「プロスプレッド口座」でもボーナスがもらえる数少ない海外FX業者。
  • レバレッジ999倍でトレードできるのもBigBossだけ。

こんなところでしょうか。

専業トレーダーである私が愛用しているBigBossについては、別の記事でも詳しく解説しています。

ぜひ下の関連記事も、続けて読んでみてくださいね!

それでは、今回は以上です。

【関連記事】【プロ愛用】BigBossの口座タイプ3つを徹底比較【2021年最新版】

【関連記事】【完全版】BigBossのMT4をダウンロードして取引を始める手順【体験談】

【関連記事】【簡単】BigBossのMT4をスマホにダウンロードして取引を始める手順【保存版】

【関連記事】【簡単1分】BigBossの追加口座を開設する手順【2021年最新版】

【関連記事】【裏ワザあり】BigBossの入金方法7つをすべて解説【体験談】

【関連記事】【失敗しない】BigBossの出金と資金移動を完全解説【体験談】

【関連記事】【最短3分】海外FXのBigBossで口座開設する手順【2021年最新版】

【関連記事】【2021年最新版】海外FX業者14社のスプレッドを比較【保存版】

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる