【体験談】専業トレーダーになる前に必ず準備すべきもの5選【おまけあり】

悩んでいる人

専業トレーダーになりたいと思っています。会社を辞めて独立したいと思っているのですが、実際に専業トレーダーになる前に、何か準備しておくべきものはありますか?

こういった疑問を解決します。

この記事は『専業トレーダーとして独立する予定だけど、何を準備しておけばいいのか分からない…』という方向けです。

実際に私も『専業トレーダーの情報って少ないし、実際に独立する前に何を準備したら良いのかわからないな。。』と悩んでいた経験があります。

今回は2020年8月に専業トレーダーとして独立した私が、実体験をもとに『専業トレーダーになる前に準備すべきこと』を完全解説します!

✅この記事の内容

・専業トレーダーになる前に必ず準備すべきもの5選

・専業トレーダーが準備しておくと良いもの5選

✅この記事を書いている人

私は2020年8月に会社を辞めて、専業トレーダーになりました。

トレード歴は4年で、現在はおよそ1,000万円を運用しています。

本記事を読めば『専業トレーダーになるために最低限準備するべきもの』が分かるようになるので、ぜひ最後までお読みください。

それでは始めましょう!

目次

専業トレーダーになる前に必ず準備すべきもの5選

まず初めに、専業トレーダーになる前に必ず準備すべきものを5つご紹介します。

専業トレーダーになる前に必ず準備すべきものは下の5つです。

  1. トレード資金と生活費
  2. 開業届・青色申告申請書
  3. クレジットカード
  4. パソコンと周辺機器
  5. インターネット回線

上から順番に解説していきます!

① トレード資金と生活費

専業トレーダーになる前に必ず準備するべきもの1つ目は『トレード資金と生活費』です。

専業トレーダーにとって『トレード資金と生活費』は命の次に大切と言っても過言ではありません。

なぜなら、専業トレーダーにとってはお金が商売道具になるからです。

あわせて読みたい
【体験談】専業トレーダーになるための必要資金を解説【2021年最新版】 専業トレーダーになりたいと思っています。専業トレーダーになるには、どれくらいの資金を用意しておくべきでしょうか?専業トレーダーになるメリットやデメリットも踏...

専業トレーダーになるための必要資金については、上の記事で具体的な金額を交えながら解説しています。

上の記事を参考にしながら、どれくらいの金額をトレード資金や生活費として貯めておけばよいのか、計算してみてください!

② 開業届・青色申告申請書

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BI37O+16VZM+4JGQ+BZGEP

続いて、専業トレーダーになる前に必ず準備すべきものは『開業届と青色申告申請書』です。

専業トレーダーとして独立するなら、個人事業主(フリーランス)になった方が税金面で有利になります。

なぜなら、開業届と青色申告申請書を提出して個人事業主(フリーランス)になれば、トレードに関わるものを経費として申告できるからです。

開業届と青色申告申請書は、クラウド会計ソフトの『マネーフォワード』を利用すれば、質問に答えていくだけで無料で簡単に作ることができます!

ホームページを開いたら「サービス一覧」から「クラウド開業届」を選択し、必要事項を記入して作成していきます。

独立後すぐに開業届と青色申告申請書を税務署に提出できるように、しっかり準備しておきましょう!

③ クレジットカード

続いて、専業トレーダーになる前に必ず準備すべきものは『クレジットカード』です。

専業トレーダーは会社員と比べると、社会的な信用度は高くありません。

独立するとクレジットカードは作りにくくなるので、会社を退職する前に必ず作っておきましょう。

私は、退職前に2枚のクレジットカードを作っておきました。

プライベート用カード1枚でも問題ないのですが、確定申告の際に経費の計算が面倒になってしまいます。

②のビジネスカードは開業したばかりでも作ることができ、年会費も経費にすることができます

>>アメリカン・エキスプレスのホームページはこちら

専業トレーダーであっても、プライベート用と事業用2枚のクレジットカードを作ることをおすすめします!

④ パソコンと周辺機器

続いて、専業トレーダーになる前に必ず準備すべきものは『パソコンと周辺機器』です。

パソコンと周辺機器は、専業トレーダーにとっての仕事道具になります。

パソコンにもたくさん種類がありますが、トレードするだけならハイスペックなものは必要ありません。

実際に、私が使用しているのは下のパソコンです。

トレードしたりこのブログを書くのに使用していますが、動きはサクサクでまったく問題ありません。

また、モニターは下のものを利用しています。

モニターは、やはりサイズが大きい方がトレードしやすいです。

私自身は、上のモニターを2枚並べて使用しています。笑

Youtube界のレジェンドであるヒカキンも『カメラやパソコンといった仕事道具にお金はケチらない』と言っています。

専業トレーダーも『プロ』ですので、仕事道具には惜しみなくお金をかけるべきかなと私も思います!

⑤ インターネット回線

さいごに、専業トレーダーになる前に必ず準備すべきものは『インターネット回線』です。

専業トレーダーにとって、パソコンと周辺機器に加えて大切になるのがインターネット環境でしょう。

インターネット環境は約定スピードに関わってくるので、必ず超高速のものを利用するようにしましょう。

インターネット環境が悪いせいで損をしてしまうほど、もったいないトレードはありませんよ!

①  ソフトバンク光 もしくはNURO 光(ソフトバンクユーザー向け)

ドコモ光(ドコモユーザー向け)

auひかり(auユーザー向け)

専業トレーダーなら、大容量・高速通信に対応している光回線を利用するのが一番です。

私はスマホをSoftbankグループの『ワイモバイル』で契約し、インターネットはNURO 光を利用しています。

利用している携帯キャリアに応じて、光回線を契約することをおすすめします!

【おまけ】専業トレーダーが準備しておくと良いもの5選

ここまで、専業トレーダーになる前に必ず準備すべきものを5つご紹介してきました。

ここからはおまけとして、私が実際に準備しておいてよかったものを5つご紹介します。

必ず準備しておくべきものに加えて、余裕があればぜひ導入してみてください!

  1. 税金の勉強本
  2. ゲーミングチェア
  3. ブログ
  4. トレード管理アプリ
  5. 格安SIM

それぞれ順番に解説していきます。

① 税金の勉強本

専業トレーダーが準備しておくと良いもの、1つ目は『税金の勉強本』です。

会社を辞めて独立すると避けては通れないのが『確定申告』や『納税』です。

サラリーマンの時は給料から天引きされていた税金を、今度は自分で計算して納めなければいけません

投資家

「確定申告とか税金の知識ってまったく無いんだけど、これから大丈夫かな…」

私も会社を辞めたばかりの時は税金の知識はほぼ0で、どうしたら良いか全くわかっていませんでした。

そんな私がフリーランスの税金制度についてある程度理解できたのは、下の本のおかげです。

『税金に関する本』と聞くだけでかなりとっつきにくいイメージがありますよね。

しかし、上の本はすべてマンガ形式でフリーランスの税金の仕組みについて解説してくれています!

税金の大枠を掴むのにはもってこいなので、これから会社を辞めて専業トレーダーになる方は、ぜひ一読してみてください。

② ゲーミングチェア

続いて、専業トレーダーが準備しておくと良いものは『ゲーミングチェア』です。

専業トレーダーになると、パソコンの前に張り付く時間がどうしても長くなってしまいます。

座っている時間が長くなればなるほど体に負荷がかかり、疲れも貯まりやすくなります。

そんな専業トレーダーの悩みを解決してくれるのが『ゲーミングチェア』です!

実際に私も上のゲーミングチェアを利用していますが、平気で10時間以上座っていられます。笑

姿勢も悪くなりにくく、今まで使っていた普通の椅子に比べて腰や肩の疲労感が全然違います。

もちろん値段は少しお高めですが、間違いなくそれ以上に価値を発揮してくれることを保証しますよ!

③ ブログ

続いて、専業トレーダーが準備しておくと良いものは『ブログ』です。

私自身、トレードの空き時間にこのブログを書いています。

① 日々のトレードや投資に対する考え方を整理する場になる。

② ブログ(+SNS)を通してトレード仲間ができる。

③ アフィリエイトで稼ぐことができる。

上記のような理由から、私は空いた時間でブログを書き続けています。

専業トレーダーを初めとした投資家がブログを始めるべき理由については、下の記事でも詳しく解説しています。

『専業トレーダー×ブログ』は相性が良いので、やる気がある方はぜひ始めてみてください!

④ トレード管理アプリ

カビュウのホームページ

続いて、専業トレーダーが準備しておくと良いものは『トレード管理アプリ』です。

専業トレーダーとして独立するとトレード数も増え、毎日の損益やトレード内容の記録をつけるのが面倒になってきます。

そこで導入したいのが、日々のトレード内容を自動で記録・管理してくれるアプリ『カビュウ 』です!

カビュウ - 株式投資管理・分析アプリ

カビュウ – 株式投資管理・分析アプリ

無料

カビュウをダウンロードして証券口座と連携させれば、毎日や毎月といった単位でどれくらい証券口座内の資産が増えたのかも一目でわかるようになります。

専業トレーダーとして生活するなら、自身のトレード結果を振り返り、同じ失敗を繰り返さないようにするのは当たり前のことです。

ぜひご自身のトレード結果の分析に、カビュウを活かしてみてください!

⑤ 格安SIM

さいごに、専業トレーダーが準備しておくと良いものは『格安SIM』です。

なるべく余計な出費を抑えたいなら、格安SIMへの切り替えは必須です。

私自身、もともとSoftbankで契約していたのですが、月々10,000円近くの利用料を支払っていました。

しかし、現在はSoftbankを解約し『ワイモバイル』に乗り換えたので、月々の利用料を3,400円まで抑えることができています。

ワイモバイル(PayPayボーナスがもらえる)

楽天モバイル (プラン料金1年間無料)

専業トレーダーは不安定な職業です。

なるべく携帯料金などの固定費は抑えて、資金とメンタルに余裕を持ってトレードすることをおすすめします!

まとめ:専業トレーダーになる前に必ず準備すべきもの5選

専業トレーダーになる前に必ず準備すべきもの5選、いかがでしたでしょうか?

『専業トレーダーになる前に何を準備したらいいのか分からない…』という方のお役に立てていたら嬉しいです。

最後に、今回の内容を簡単にまとめておきます!

独立前に準備すべきもの
  1. トレード資金と生活費
  2. 開業届・青色申告申請書
  3. クレジットカード
  4. パソコンと周辺機器
  5. インターネット回線

専業トレーダーになるなら、上記の5つは必ず準備しておきましょう!

また、個人的にご紹介したおまけの『専業トレーダーが準備しておくと良いもの5選』も、余裕があれば取り入れてみてくださいね。

それでは、本日は以上です!

【関連記事】【2021年最新版】専業トレーダーが使う海外FX口座おすすめ3選【体験談】

【関連記事】【2021年最新版】日本株投資におすすめの証券会社5選【目的別】

【関連記事】【2021年最新版】米国株投資におすすめの証券会社5選【体験談】

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる