【タイ株】SETの意味を分かりやすく解説【初心者向け】

悩んでいる人悩んでいる人
タイ株への投資を始めました。『SET』というワードをよく見るのですが、何を表しているのでしょうか?

 

こういった疑問に答えていきます。

 

この記事は『タイ株に投資していると“SET”というワードをよく見かけるんだけど、どういう意味なんだろう?』という方向けです。

 

実際に私も、タイ株への投資を始めたばかりの時は『SETとかSET指数とか、よく分からないな…』と疑問に思っていました。

 

今回は、タイ株に3年以上投資している私が『SET』の意味について完全解説していきます!

 

✅この記事の内容

・SETの意味を解説

・SET指数の意味もあわせて解説

 

✅この記事を書いている人

私はタイに3年間駐在した経験があり、駐在中にタイ株への投資を始めました。

タイ株への投資歴は3年で、現在はタイ株に250万円以上を投資しています。

 

それでは始めましょう!

 

SET(タイ証券取引所)の基礎知識


まずは『SET』の意味について解説していきます!

 

SETはタイ証券取引所のこと

結論から言いますと、SETとは『タイ証券取引所』のことです。

 

たとえば、日本には東京証券取引所があり、アメリカにはニューヨーク証券取引所がありますよね。

 

SETとは、日本やアメリカと同じ証券取引所の名称です。

 

SETは1972年に設立された証券取引所で、タイの首都・バンコクに拠点を持っています。

 

ちなみに、SETとは『Stock Exchange of Thailand』の頭文字をとってSETと呼ばれています!

 

SETとタイの株式市場

SET(タイ証券取引所)には2つの株式市場があります。

①メインボード

②MAI(Market for Alternative Investment)


それぞれ簡単に説明すると、メインボードとはタイの大企業の株式が取引される株式市場のことです。

 

MAIとは、新興企業の株式が取引される株式市場のことで、日本でいうマザーズやアメリカのナスダックにあたります。

 

会社の大きさに分けて、2つの株式市場が用意されています。

 

我々個人投資家はどちらの株式市場の銘柄も取引できますが、よりリスクの低いメインボードの銘柄を取引するのが無難ですね!

 

SETで取引される株式の種類

SETで取引される株式には3種類あります。

①ローカル株(L株)

②フォーリン株(F株)

③NVDR

 

①のローカル株と②のフォーリン株については、皆さんには関係のない話なので忘れてしまって大丈夫です。

 

ローカル株は、外国人は購入することが出来ますが配当が貰えません。

 

またフォーリン株は市場の流動性が低く、思い通りの取引が出来ない可能性があります。

 

『我々外国人は「NVDR」という種類の株を購入するんだな』と覚えておけばOKです!

 

SETの取引可能時間

SETには、日本や世界の株式市場と同様に取引時間が設定されています。

 

時間外の取引は出来ません。

前場 10:00~12:30(日本時間12:00~14:30)

後場 14:30~16:30(日本時間16:30~18:30)


上記の時間のみ、タイの株式市場(SET)はオープンしています。

 

またSETは平日のみオープンしており、土日・祝日はお休みです。

 

SET指数の意味を解説


SETというワードに加えて、もう1つ覚えておくべきなのが『SET指数』です。

 

SET指数についても、詳しく解説していきます!

 

タイの株価指数=SET指数

『SET指数』とは、タイの株価指数の名前です。

 

日本でいえば日経平均株価、アメリカでいえばダウ平均株価にあたります。

 

SET指数の値動きがタイの景気の良し悪しを表していると言えますね!

 

SET指数は1975年4月30日を基準日としており、その日の時価総額を100ポイントとして計算されています。

 

SET指数のチャート

実際にSET指数のチャートを見てみましょう。

SET指数の月足チャート

 

上の写真は、2020年5月15日時点でのSET指数のチャートです。

 

SET指数は現在、1,280ポイント付近にいることが分かります。

 

ちなみに、直近で株価が大きく下落しているのですが、これが2020年に2~3月に発生した『コロナショック』による株価暴落です。

 

タイの株価指数である『SET指数』も、コロナショックによって大きく下落したことが分かります。

 

SETの意味を分かりやすく解説:まとめ

SETとSET指数について、理解は深まりましたでしょうか?

 

最後に、SETについてまとめておきます!

・SETとは、タイの証券取引所の名称のこと。

・SETにはメインボードとMAIの2種類の株式市場がある。

・我々日本人はNDVRという株を購入する。

・SETは取引時間に制限がある。

・SET指数を見ればタイの景気の良し悪しが分かる。


この5つを理解しておけば、タイ株式投資の基礎を取得したと言って問題ないでしょう。

 

タイ株については、下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

関連記事

悩んでいる人 タイ株の情報を集めています。タイ株の始め方から銘柄を選ぶ方法まで、まとめて一気に知りたいです!   このような悩みを解決します。   本ブログの読者の方から、『タイ株についてまとめて勉強[…]

 

それでは、本日は以上です!

 

【人気記事】タイ株の買い方を写真付きで解説【スマホで購入・タイ株初心者向け】

 

【人気記事】タイ株の高配当企業ランキング!【配当利回り10%超あり】

ひとかぶIPO
マネックス証券_投信つみたて