【タイ株】SCBの会社概要と株価・配当まとめ【高配当株】

悩んでいる人悩んでいる人
タイ株に投資しています。SCBの詳しい会社情報や配当、株価の情報を知りたいです。また、SCBの株は買うべきでしょうか?

 

このような悩みを解決します。

 

この記事を読めば、SCB(サイアム商業銀行)の会社情報から株価・配当まで、理解することができます。

 

✅この記事を書いている人

私はタイに3年間駐在した経験があり、駐在期間中にタイ株への投資をスタートしました。

タイ株歴は3年以上で、現在はタイ株に250万円以上を投資しています。
 
タイ株歴3年の私が、SCBの情報を分かりやすくまとめました。
 
それでは始めましょう!

 

SCBの会社概要


この記事では、SCBという会社についてや株価・配当について解説していきます。

 

SCBという会社について詳しく知りたい方、今後SCBの株を購入したいと考えている方のご参考になれば幸いです。

 

さっそく、SCBの会社概要から見ていきましょう!

 

SCBの会社概要


SCB社は、タイ・バンコクに拠点を置く銀行です。

 

日本語では『サイアム商業銀行』と呼ばれています。


会社名 THE SIAM COMMERCIAL BANK PUBLIC COMPANY LIMITED
設立 1904年10月4日
上場日 1976年2月6日
代表者 Mr. ARTHID NANTHAWITHAYA
資本金 700億バーツ


SCBは見ての通りとても歴史のある銀行で、日本の明治時代に設立された銀行です。

 

SCBはタイで一番最初に設立された銀行です。

 

イメージカラーは紫色で、タイの街中を歩いていると多くの紫色の銀行やATMを見かけます。

 

タイの人たちはもちろん、外国人の方もたくさん口座開設されている銀行です。

 

SCBの業績


続いて、SCBの業績を見てみましょう。

 

2019年度のSCBの業績は、2018年度に比べて増収・増益になりました。

SCBの財務諸表

収益性を表すROE・ROE共に健全で、タイで収益トップのバンコク銀行(BBL)と比べても、その数値は遜色ありません。

 

ただし、2020年はタイの各社がコロナショックによる影響を受けており、SCBの収益・財務体質にも影響があることは間違いありません。

 

今後の決算情報には、しっかりアンテナを張っていく必要がありそうです。

 

SCBの株主構成


SCBを語るにあたって、必ず触れなければならないのがその株主構成です。

No. 名前 持株数 持ち株割合(%)
1 พระบาทสมเด็จพระวชิรเกล้าเจ้าอยู่หัว 793,832,359 23.38
2 กองทุนรวม วายุภักษ์หนึ่ง โดย บลจ.เอ็มเอฟซี จำกัด (มหาชน) 392,649,100 11.56
3 กองทุนรวม วายุภักษ์หนึ่ง โดย บลจ.กรุงไทย จำกัด (มหาชน) 392,649,100 11.56
4 บริษัท Thai NVDR Company Limited 339,527,379 10.00
5 สำนักงานประกันสังคม 105,754,500 3.11
6 SOUTH EAST ASIA UK (TYPE C) NOMINEES LIMITED 96,326,555 2.84
7 STATE STREET EUROPE LIMITED 68,670,326 2.02
8 THE BANK OF NEW YORK MELLON 52,795,662 1.55
9 NORTRUST NOMINEES LTD-CL AC 42,872,624 1.26
10 GIC PRIVATE LIMITED 41,857,700 1.23


突然タイ語が出てきましたが、気にしないでください!

 

こちらの表は、2020年4月10日現在のSCBの持株数 Top10をまとめた表です。

 

注目は、最もSCBの株式を所有している『พระบาทสมเด็จพระวชิรเกล้าเจ้าอยู่หัว』という方です。

 

『พระบาทสมเด็จพระวชิรเกล้าเจ้าอยู่หัว』を日本語に翻訳すると、『タイ国王(ラーマ10世)』を指しています。

タイ国王・ラーマ10世の写真

 

つまり、SCBの筆頭株主は現在のタイ国王なのです。

 

日本でいえば、三菱UFJ銀行の筆頭株主が天皇陛下である、みたいな感じでしょうか。笑

 

国王が筆頭株主であることの良し悪しはさておき、会社としての安心感はありますよね!

 

SCBの株価と配当情報


続いて、SCBの株価と配当の情報について見ていきます。

 

これまで見てきたように、SCBは財務的にも健全な状態でしっかりキャッシュも持っています。

 

SCBは株主還元=配当にも力を入れていることから、多くのタイ株投資家に愛されている銘柄の1つです!

 

SCBの株価


SCBの株価は、コロナショックによって大きく下落しました。

SCBの株価チャート


上の写真は、2020年11月1日時点のSCBのチャートになります。

 

2019年末に120バーツ前後だったSCBの株価はコロナショックによって暴落し、最新の株価は65.00バーツとなっています。

 

過去のSCBの歴史を見てもかなり株価が安く、2009〜2010年の時と同水準であることが分かります。

 

ポジティブに捉えれば、今は『SCBの株を安く買うことができるチャンス』と考えることもできます。

 

SCBの配当利回り


SCBは株価が大きく下落したことで、配当利回りも非常に良くなっています。

 

タイ証券取引所(SET)の最新のデータでは、現在のSCBの配当利回りはなんと『8.65%』です。

 

これは、タイ株の中でもトップクラスの配当利回りです。

 

SCBは買いなのか?


SCBの株は買うべきでしょうか。

 

結論、今後の株価がどうなるかは分かりませんが、配当金を目当てに購入するなら良い銘柄です。

 

SCBは財務体質もしっかりとしており、今後も継続して配当金を支払ってくれるはずです。

 

投資金額に対して8%以上の配当金を支払ってくれる銘柄はそうありません。

 

今はSCBの株を安く購入できるので、長期的な視点で投資するのが良いと思います。

 

SCBの会社概要と株価・配当情報:まとめ


SCBの会社概要と株価・配当の情報は、いかがでしたでしょうか?

 

最後に、簡単にSCBの情報についてまとめておきます!

① SCBはタイで最も歴史のある銀行

② SCBの筆頭株主はタイの現国王

③ SCBの配当利回りは8.65%(※2020年8月15日現在)


こんなところでしょうか。

 

SCBの会社情報を知りたかった方の参考になったら幸いです。

 

それでは、本日は以上です!

 

【人気記事】タイで証券口座を開設してタイ株を始める手順【タイ在住者向け】


【人気記事】タイ株の高配当10銘柄をご紹介!【2020年最新版】


【人気記事】SCGとEGCOの株を購入した理由を解説【高配当銘柄】