【完全版】XMのMT4アプリをスマホで使う方法【ログイン~注文まで】

悩んでいる人

「XMのMT4をスマホで使う方法が知りたいな」

「スマホ版のMT4アプリからって、どうやって注文を出すんだろう?」

「なかなかMT4にログインできなくて困ってます…」

スマホ版のMT4アプリを使ってXMでトレードを始めようとした方が、使い方やログインの方法が分からず、挫折してしまうケースはとても多いです。

実際に私も専業トレーダーになる前からよくスマホ版のMT4を使っていたのですが、最初は何から設定していいか分からず、なかなかXMでトレードを始められなかった経験があります。

リク

「早くスマホでトレードを始めたいのに、先に進めないとイライラしちゃいますよね。。」

そこでこの記事では、MT4をはじめて使うという方にも理解できるよう、「XMのスマホ版MT4アプリの使い方」を完全解説していきます!

この記事を読むことで、5分後には誰でもXMのスマホ版MT4でトレードを始められるようになっているので、ぜひ最後までお読みください。

目次

XMのMT4アプリにスマホからログインする手順

今回は、XMのスタンダード口座を開設しているという前提で、話を進めていきます。

もし『まだXMの口座を持ってない!』という方は、公式ホームページで口座開設してから戻ってきてくださいね。

それでは、本題の解説を進めていきます!

XMのMT4アプリにスマホからログインする手順は、以下の3ステップです。

  1. スマホ版MT4アプリをダウンロードする
  2. XMのサーバー名を検索する
  3. XMのIDとパスワードでログインする

それぞれ、写真付きで順番に解説していきますね。

① スマホ版MT4アプリをダウンロードする

最初のステップは『スマホ版MT4アプリをダウンロードする』です。

スマホで使えるMT4アプリは、iPhone・Androidのどちらの機種からでもダウンロードが可能です。

もちろん無料でダウンロードできますよ!

MetaTrader 4

MetaTrader 4

無料

まずは上記のリンクから、お使いのスマホにMT4アプリをダウンロードしてみてくださいね。

② XMのサーバー名を検索する

続いて、XMのサーバー名を検索します。

MT4アプリがダウンロードできたら、さっそくアプリを開いてみましょう!

MT4アプリの画面

アプリを開いてみると、上の写真のような画面が開きます。

まずは、一番右下にある5つのメニューの中から『設定』をタップしてください!

MT4アプリの画面

『設定』をタップすると上の写真のような画面が開くので、一番上の赤枠で囲ったところをタップしましょう。

MT4アプリの画面

今度は上の写真のような画面が開くので、右上にある『+』マークをタップします!

MT4アプリの画面

続いて『既存のアカウントにログイン』をタップします。

MT4アプリの画面

すると、上の写真のような画面に移ります。

「サーバ」の下に検索バーが表示されるので、ここに『XMTrading』と入力してください!

MT4アプリの画面

『XMTrading』と入力すると、上の写真のようにXMのサーバー名が一覧で表示されます。

ここから、ご自身に割り当てられているXMのサーバー名を選択しましょう!

なお、サーバー名についてはXMのマイページから確認することができます。

ログインしてマイページを開いたら、口座番号の横にある緑色の小さな矢印をタップします。

XMのマイページ

『サーバー』と書かれた右横にあるのが、ご自身に割り当てられたXMのサーバー名になりますよ!

③ XMのIDとパスワードでログインする

サーバー名を検索して選択すると、続いて下の写真のような画面が開きます。

MT4アプリの画面

この画面では、ログインIDとパスワードを入力する必要があります。

ログインIDは『MT4のID(数字8ケタ)』で、『パスワード』はXMの口座開設時にご自身で設定したパスワード(大文字+小文字+数字)になります。

入力できたら、最後に右上の『ログイン』をタップしましょう!

MT4アプリの画面

すると上の写真のように、名前と口座番号・サーバー名、そして右上に『Real』の文字が表示されていると思います。

以上で、XMのMT4に無事にログインできたことになりますよ!

MT4にスマホからログインできない原因と対処法

MT4にスマホからログインできない場合、以下の3つの原因が考えられます。

  • ログインIDが間違っている
  • パスワードが間違っている
  • サーバー名が間違っている

このうち、ログインID(MT4の口座番号)とサーバー名は、XMのマイページから確認することができます。

XMのマイページ画面

ログイン後の画面にある口座情報の、「口座番号」と「サーバー」がそれぞれ該当します。

パスワードはご自身で、口座開設時に「大文字・小文字・数字」の全てを使い、8~15文字の間で設定しています。

なお、パスワードはマイページのログインの際に使用するものとも同じです。

もしどうしても思い出せない場合は、マイページの「パスワードをお忘れですか?」から再設定しましょう。

再設定したパスワードを利用すれば、MT4にも問題なくログインできるはずです。

ログインできない問題がどうやっても解決できない場合は、XMの日本語サポートデスクに問い合わせてみてください。

XMのスマホ版MT4アプリの使い方と注文方法

XMのスマホ版のMT4アプリにログインすることができたら、あとは実際にトレードを始めるだけですね!

実際の使い方と注文方法は、以下の通りです。

  1. 取引したい通貨のチャートを表示する
  2. 注文を出してトレードを始める

それぞれ、順番に解説します。

① 取引したい通貨のチャートを表示する

XMのMT4にログインできたら、まずは取引したい通貨ペアのチャートを表示させてみましょう!

今回は例として、ドル円(USDJPY)をトレードするために実際にチャートを表示させてみます。

まずは、画面の一番下にある5つのメニューの中から、一番左にある『気配値』をタップします。

MT4の画面

続いて、上の写真の右上にある『+』のマークをタップしてください!

MT4の画面

すると『シンボル追加』という画面が開くので、この中から『Forex 3』をタップします。

MT4の画面

『Forex 3』をタップすると、上の写真のように通貨名が一覧で表示されます。

今回はドル円(USDJPY)をトレードしたいので、一覧の中から見つけたら、通貨名の左にある緑色の『+』ボタンをタップします!

すると、『気配値』の画面に『USDJPY』が追加されます。

MT4の画面

『気配値』の画面に表示されている『USDJPY』をタップしてみましょう。

すると、上の写真のように『トレード・チャート・詳細』という3つを選択できるポップアップが表示されます。

この中から『チャート』をタップしてみてください。

MT4の画面

『チャート』をタップすると、上の写真のようにドル円のチャートが表示されますよ!

ちなみに、移動平均線や一目均衡表などのインジケーターは、画面の上にある『f』をタップすると表示できるようになります。

MT4の画面

例えば、移動平均線なら『 f ⇒メインウィンドウ⇒Moving Average 』をタップします。

上の写真のような設定画面が開くので、期間や色・太さなどを選択します。

最後に『完了』をタップすれば、チャートに移動平均線を表示することができますよ!

② 注文を出してトレードを始める

チャートも表示できたところで、実際にXMのMT4で注文を出してみましょう!

画面右上の『トレード』をタップすると、実際に売買の注文を出すことができます。

MT4の画面

『トレード』をタップすると、下の写真のような画面が表示されます。

MT4の画面

写真の上部にある通り、ここでは『成行注文』という『今すぐに注文できる方法』が選択されています。

この画面では、成行注文を出す前に下の3つの情報を入力します!

  • ロット数:0.01刻みでロット数を選択
  • ストップロス:損切りするレートを入力
  • テイクプロフィット:利益確定するレートを入力

入力ができたら、最後に『成行売り』もしくは『成行買い』をタップしましょう。

以上で、成行注文が完了です!

なお、すぐに注文する『成行注文』に加えて、『この価格まできたらう買うor売る』と指定できる『指値注文』も出すことが可能です。

MT4の画面

再度『トレード』をタップして上のような注文画面を開いたら、『成行注文』と書かれたところをタップします。

すると、上の写真のように、成行注文の他に4つの注文方法を選択できるようになります!

  • Buy Limit:指定の価格まで下がったら『買い』
  • Sell Limit:指定の価格まで上がったら『売り』
  • Buy Stop:指定の価格まで上がったら『買い』
  • Sell Stop:指定の価格まで下がったら『売り』

指値注文には、上記のように4つの注文の種類があります。

Buy Limit・Sell Limitは『逆張り』の注文方法で、Buy Stop・Sell Stopは『順張り』の注文方法と覚えておくと良いでしょう!

損益と注文の確認方法

注文を出したら、画面下にある5つのメニューの真ん中『トレード』をタップしてみてください。

『トレード』の画面では、現在の損益や注文の情報を確認することができます!

MT4の画面

他にも、現在の口座残高や有効証拠金の額も確認することができます。

証拠金の額に対して、レバレッジをかけすぎないように注意しながら注文を出しましょうね!

チャート上にポジション状況を表示する

追加で、MT4アプリの便利な設定を解説しておきます。

MT4のアプリでは、チャート上に現在のポジションの状況を表示させることができます!

MT4の画面

上の写真だと見にくいですが、チャート上には『エントリーしたレート・損切ライン・利確ライン』の3つを表示させています。

この表示があることで、自分がどこでエントリーし、どこに損切り・利確ラインを設定しているのか一目でわかるようなります!

設定は簡単で、まずは一番下の5つのメニューから『設定』をタップします。

MT4の画面

『設定』の中から、下の方にある『チャート』をタップしてください。

すると上の写真のような画面が開くので、『トレードレベル』の右横にあるボタンをタップして、オンにしましょう。

以上で、チャート上にポジションの情報が表示されるようになりますよ!

XMのスマホ版MT4アプリに関するよくある質問

XMはスマホでもトレードすることができますか?

はい、できます。スマホ版のMT4を使えば、いつでもどこでもXMでトレードすることが可能です。

XMは、アンドロイドのスマホでもMT4でトレードすることができますか?

はい、可能です。アンドロイドでもMT4アプリを使ってトレードすることができます。使い方もiPhone版と変わりません。

XMのMT4にスマホからログインすることができません。何が原因でしょうか?

ログインID(口座番号)・パスワード・サーバー名のどれかが間違っている可能性があります。このうち、ログインID(口座番号)とサーバー名はXMのマイページから確認することができます。パスワードは口座開設時に、ご自身で大文字・小文字・数字を使って設定したものになります。この問題がどうしても解決しない場合は、XMの日本語サポートデスクにお問い合わせください。

XMのゼロ口座を使っているのですが、通貨ペアが表示されずトレードできません。なぜでしょうか?

XM Trading Zero口座(通称:ゼロ口座)の場合、取引できるのは通貨ペアの最後に「.」(ドットマーク)が表示されているものだけです。通貨ペアのシンボルを確認してみてください。なお、例えばドル円の場合、スタンダード口座なら「USDJPY」・マイクロ口座なら「USDJPYMicro」・ゼロ口座なら「USDJPY.」というシンボルのみしかトレードすることはできません。

【まとめ】XMのMT4アプリをスマホで使う方法

XXMのMT4アプリをスマホで使う方法、いかがでしたでしょうか?

MT4をスマホにダウンロードすれば、外出先でも気軽にXMでトレードすることができます。

トレードチャンスを逃さないためにも、ぜひこの記事を参考にしてスマホ版のMT4を使いこなしてくださいね!

なお、XMの使い方はすべて下の記事にまとめているので、さらに詳しく知りたい方は続けて読んでみてください。

>>【2021年最新版】XMの始め方&使い方を完全解説【全20記事】

あわせて読みたい
【失敗しない】XMの始め方&使い方の完全ガイド【全18記事】 「XM TradingでFXを始める方法からツールの使い方まで、くわしく知りたいな」「XMで口座開設したら、どうやってトレードを始めたらいいんだろう?」「XMを使ってFXで稼...

それでは、今回の内容を改めてまとめておきます!

XMのMT4アプリをスマホで使う方法
  1. スマホ版MT4アプリをダウンロードする
  2. XMのサーバー名を検索する
  3. XMのIDとパスワードでログインする
  4. 取引したい通貨のチャートを表示する
  5. 注文を出してトレードを始める

海外のFX業者であるXMついては、他の記事でも詳しく解説しています。

XMについてさらに知りたいという方は、ぜひ下の関連記事も読んでみてくださいね。

それでは、本日は以上です!

【関連記事】【2021年最新版】XMのハイレバ手法を解説【実績公開】

【関連記事】【2021年最新版】XMのMT4をダウンロードして取引を始める手順【5ステップ】

【関連記事】【初心者向け】MT4でトレードを始めるための初期設定5選【完全版】

【関連記事】【2021年最新版】XMの追加口座を作るべき5つの理由と方法【実体験】

【関連記事】【2021年最新版】XMの入金方法を7つ全て解説【体験談】

【関連記事】【実験】XMで1ロット取引した場合の利益と損失額【2021年最新版】

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる