【株式投資・FX】チャートを分析する3つの方法【初心者向け】

悩んでいる人悩んでいる人
株式投資を始めたばかりです。チャートの読み方を勉強したいのですが、どのように始めたらよいのでしょうか。また、チャート分析のポイントも併せて知りたいです。

 

このような疑問を解決します。

 

この記事を読むと、チャート分析の始め方と方法、そしてチャート分析のポイントが分かるようになります。

 

✅この記事を買いている人

私は、株式投資とFXを3年以上続けており、現在は500万円以上を運用しています。

趣味はチャート分析と言えるほど、毎日必ず株や為替のチャートを見ています。

 

私のこれまでの経験を踏まえながら、チャート分析について分かりやすく解説していきます!

 

チャート分析の基礎知識

株式投資を新たに始めた方の中には、チャートも見ずに株を購入している方がいらっしゃいます。

 

私の中では、それは非常に勿体ないです。

 

なぜなら、チャートを見ずに取引することは、地図も持たずに未知の国を旅行するようなものだからです。

 

チャートを見ることで、まずは自分自身の立ち位置を確認することができます。

 

本記事ではチャート分析の基礎から説明していくので、これまで一切チャートは見てこなかったという方も是非参考にしてみてください。

 

チャート=価格をグラフ化したもの

『チャート分析』を始める前に、そもそもチャートとは何なのか見ておきましょう。

 

チャートとは1日、1週間、1ヶ月といった期間の株価をグラフ化して見やすくしたものです。 ただ、株価を見ただけでは、安いか、高いかを判断できません。 そんなときに参考として用いられます。 また、相場のトレンドや過熱状態等を捉えるために活用することもできます。
日興証券HPより

 

これが『チャート』という言葉の意味です。

 

要するに『株価や為替の値段を見やすいようにグラフ化したもの』ということですね。

 

もっと簡単に説明するために、実際のチャートを見てみましょう。

 

実際の株価チャート

今回は、タイの株価指数である『SET指数』のチャートを持ってきてみました。

 

タイ株価指数のチャート

 

何やら赤い棒や緑色の棒が入り混じっていますね。

 

この棒の名前は『ローソク足』といって、株価や為替の値動きを棒状にして表してくれています。

 

ローソク足が連続していることで、これまでの値動きが一目でわかるようになっています。

 

SET指数のチャートも、緑色のローソク足が連続することで上昇したり、赤色のローソク足が連続することで下降してしたりしています。

 

これが実際の『チャート』の正体です!

 

チャートを分析する3つの方法

チャートの基礎知識をインプットしたところで、実際にチャートを分析してみましょう!

 

私自身が実際にチャートを分析する際に使っている、3つの方法を解説します。

 

是非とも、今後のチャート分析の参考にしてみてください!

 

ローソク足を見る

まず最初に、『ローソク足』の見方について解説します。

 

私はまずチャートを開いたら、真っ先にこのローソク足の形状に着目します。

 

タイ株価指数の月足チャート

 

これは、タイの株価指数である『SET指数』の月足チャートです。

 

『月足』とは、棒状のローソク足1本が1ヶ月の値動きを示しています。

 

赤色のローソク足は『陰線(いんせん)』と言って、価格が下落したことを表しています。

反対に緑色は『陽線(ようせん)』と言って、価格が上昇したことを表しています。

 

2020年に入って以降、大きな赤色の陰線が3本出ているのが分かるのではないでしょうか。

 

これが『コロナショックによる株価暴落』を表しています。

 

赤色の陰線が続いている、ということは株が売られに売られまくっている、という状態なのです。

 

ローソク足を見ると『買いが強いのか?売りが強いのか?』一目で分かるようになっています。

 

『節目のライン』を見る

ローソク足の見方が分かったら、続いて『節目のライン』をチェックしていきましょう。

 

『節目のライン』というのは、チャートを見ている投資家みんなが意識しているライン、という意味です。

 

世間では『レジスタンスライン』や『サポートライン』とも呼ばれたりします。

 

多くの投資家が意識しているラインでは、その場所で買いや売りが集まりやすくなります。

 

タイ株価指数の週足チャート

 

こちらは、タイの株価指数(SET指数)の週足チャートになります。

 

青い矢印が置かれている点、このラインで2回もローソク足がはじき返されて上昇しているのが分かりますよね。

 

これが投資家の多くが意識している『節目のライン』なのです。

 

 売りたい人
このラインを割るために売ってくぞー!!!
買いたい人
このラインに来たら買ってくぞー!!!

 

節目のライン上では、こんな勝負が繰り広げられています。

 

上昇しているということは株が買われたということなので、今回のチャートの場合は『買いたい人』が勝ったようですね!

 

多くの買いが集まったことで、結果として株価は上昇していきました。

 

こうしたラインを引くことで、今後の大まかな予想を立てることができるようになります!

 

移動平均線を見る

節目のラインもチェックしたら、最後に『移動平均線』を確認しましょう。

 

移動平均線とはその名の通り『移動する平均線』のことです。

 

タイ株価指数の月足チャート

 

こちらは、先ほど使用したタイ株式指数のチャートに2本(緑色と赤色)の移動平均線を表示させてものです。

 

移動平均線とは何を平均しているかというと、ある決められた期間の価格の平均を取っています。

 

このチャートの移動平均線は、緑色が50ヶ月・赤色が200ヶ月の期間の価格の平均を表しています。

 

価格の平均値が上がっていけば移動平均線も上昇し、価格の平均値が下がっていけば移動平均線も下降します。

 

緑色の移動平均線は下降気味である=50ヶ月の価格の平均値が下がってきている

赤色の移動平均線は上昇している=200ヶ月の価格の平均値は上がっている

 

移動平均線が上向いているなら買いが強い、移動平均線が下落しているなら売りが強いとも言い換えることが出来ます。

 

実はこの移動平均線というのは、世界各国の投資家たちが値動きの指標として使っています!

 

そのため、この移動平均線も売買のサインとして意識されることが多いのです。

 

タイ株価指数の月足チャート

 

先ほどの移動平均線を表示させて、月足チャートを拡大してみました。

 

青い矢印のところ、上向きの赤い移動平均線でピッタリ陰線が止まり、次に緑色の陽線が出ていますよね。

 

これまもた、多くの投資家が『この移動平均線を起点に上昇に転じるだろう!』と思い、たくさんの買いが入った結果です。

 

チャート分析をする際は、この移動平均線の位置もしっかり確認しておくことが大切です。

 

チャートを分析する3つの方法:まとめ

チャートを分析する3つの方法はいかがでしたでしょうか?

 

最後に、チャート分析の方法について簡単にまとめておきます!

 

①ローソク足を見る(売り・買いのどちらが強いのか確認)

②節目のラインを見る(売り買いの攻防が起きるラインを確認)

③移動平均線を見る(過去の決められた期間の売り買いの強さを確認)

 

チャートを開いたら、まずは上の3点を確認するようにしましょう。

 

チャート分析はかなり奥が深いですが、いったんこの3点を確認すれば『チャート分析のスタートラインに立った』と言ってOKです。

 

チャートには買いと売りの強さ・投資家の思惑など全てが集約されており、今後の大まかな値動きの予想も立てることが可能です。

 

まずはチャートを見て、株価がどの辺りにあるのか、買いが強いのか・売りが強いのか確認する癖を付けましょう!

 

それでは、本日は以上です!