【体験談】海外赴任者が現地でFXを続ける方法を解説【税金の話あり】

悩んでいる人悩んでいる人
もうすぐ海外赴任になります。今使っているFX口座は、そのまま海外でも取引できるのでしょうか? 口座は閉じるべきか、新しく開設するべきかも合わせて知りたいです。

 

このような疑問を解決します。

 

現在海外に赴任している方やこれから海外に赴任する方は、普段使っているFX口座を引き続き海外でも利用できるのか、気になっている方もいると思います。

 

今回は、海外赴任者のFX口座の取り扱いについて、税金の話を含めて詳しく解説していきます。

 

この記事の内容

・海外赴任者が現地でFXを続けるための注意点

・海外赴任後もFXを続けるために知っておくべきことを3つ解説

 

この記事を書いている人

私は、駐在員としてタイに3年間赴任していた経験があります。

駐在期間中にFXと株をスタートし、現在は計500万円程を運用しています。

 

私も読者の方と同じように、海外赴任が決まった時にはFXについてたくさんの情報を調べました。

 

そんな私の実体験を踏まえながら、詳しく解説していきます!

 

海外赴任者は現地でもFXを続けられる

結論から言いますと、海外赴任になってもFXを続けることは可能です。

 

ただし、いくつか注意点があります。

 

① 現在利用している口座を維持できない場合がある

② 海外赴任前に口座を解約する必要がある

③ 海外赴任前に新しい口座を開設しておく

 

順番に解説していきます。

 

① 現在利用している口座を維持できない場合がある

現在利用している証券会社によっては、口座を維持できない場合もあるので注意が必要です。

 

現在、もし日本の証券会社を利用している場合、以下の2つの会社は海外でも引き続き取引が可能です。

 

① ヒロセ通商(LION FX)

② セントラル短資FX

 

DMM FXやGMO証券など、上の2つ以外の証券会社は利用できず、海外赴任前に口座を解約する必要があります。

 

下の写真は、DMM FXのホームページから引用しました。

 

DMM FXのホームページ

 

『日本国外に居住されることとなった場合は、口座の解約が必要です。』と明確に記載されています。

 

このように、現在お使いの証券会社によっては口座を解約しなければなりません。

 

なお、海外のFX業者を利用されている方は、赴任先の国でも引き続き利用が可能です。

 

すでに海外のFX業者を利用されている方は、後ほど解説する税金面に気をつけながら取引を続けましょう。

 

② 海外赴任前に口座を解約する必要がある

海外に赴任する前に、ヒロセ通商・セントラル短資以外の証券会社を利用している方は、証券会社に海外転勤になることを連絡しましょう。

 

証券会社からの案内に沿って、現在利用している口座を解約する必要があります。

 

もし現在保有しているポジションがある場合は、もし含み損を抱えていても決済いないといけません。

 

一点、もし口座を解約する時に含み損を抱えている場合、その分の損失をボーナスとして補填してくれるキャンペーンがあります。

 

関連記事

FXで大きな含み損を抱えており、損切りできません。 何か良い解決方法はありませんでしょうか...?   このような悩みを解決していきます。   この記事を読んで海外FXの損失補填ボーナスを[…]

【体験談】専業トレーダーになるための必要資金を解説【2020年最新版】

 

Gemforexという海外の証券会社なのですが、他社から乗り換える場合に現在の含み損を全額取引ボーナスとして付与してくれます。

 

100名限定のキャンペーンではありますが、興味があればぜひ利用してみてください!

 

③ 海外赴任前に新しい口座を開設しておく

もし現地でも日本の証券会社でFXを続けるなら、日本にいる間に新しい口座を開設しておくと良いでしょう。

 

ヒロセ通商やセントラル短資FXでは、海外に住んでいても口座を開設することは可能です。

 

しかし、本人確認書類のやり取りを書面で行う関係で、海外で口座を開設すると手間と時間がかかってしまいます。

 

日本にいる時に口座を開設する方が圧倒的にスムーズですので、必要な方は赴任前に口座を開設することをおすすめします。

 

もし急いで口座を開設したいという方は、下のヒロセ通商とセントラル短資FXのリンクから口座を開設しておきましょう。

 

>>ヒロセ通商の口座開設ページを開く

 

>>セントラル短資FXの口座開設ページを開く

 

海外赴任後もFXを続けるために知っておくべきこと

海外赴任後もFXを続けるために知っておくべきことについて、税金のことも含めて解説します。

 

海外赴任後もFXを続けるために知っておくべきことは、下の3つです。

 

① 住所変更の連絡をする

② 新しいFX口座を開設する

③ 現地通貨を証拠金にしてFXを始められる

 

順番に解説していきます。

 

① 住所変更の連絡をする

海外に赴任したら、日本の証券会社・海外の証券会社に関わらず住所変更の連絡をしましょう。

 

住所変更の連絡をすると、現住所を証明する書類の提出を求められます。

 

現地で発行した運転免許証や、現住所が記載された公共料金支払い明細書等を証券会社に提出すればOKです。

 

納税などにも関わってくるので、忘れずに証券会社に住所変更の連絡をするようにしましょう。

 

② 新しいFX口座を開設する

先ほども書いた通り、手間は少し増えるものの日本の証券会社でもFX口座は開設可能です。

 

もし日本の証券会社を利用したい方は、ヒロセ通商セントラル短資FXで口座を開設しましょう。

 

また、海外のFX口座を新たに利用することも可能です。

 

海外のFX口座を利用したい方は、【簡単】海外在住者がFXを始める方法を解説【無料で3,000円ゲット】を参考にしてみてください。

 

また、海外FXのメリット・デメリットは以下の記事にまとめているので、興味がある方はご覧ください。

 

関連記事

悩んでいる人 海外のFX口座に興味があります。海外のFX口座には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?   このような疑問を解決していきます。   この記事を読むと、海外のFX[…]

【体験談】海外FXのメリットとデメリットを比較【実証済み】

 

特に海外のFX業者の中には、口座を開設するだけで無条件で20,000円をプレゼントしてくれるような会社もあります。

 

自分のお金を一切入金せずにFXを始める方法は、海外FXの口座開設ボーナスを解説します【無料で2万円ゲット】を参考にしてみてください。

 

③ 現地通貨を証拠金にしてFXを始められる

海外に赴任した場合、現地通貨で給与をもらうことになります。

 

日本円ではなく、現地通貨でFXを始めることも可能です。

 

詳しい内容については、以下の記事にて詳しく解説しています。

 

関連記事

悩んでいる人 海外に住んでいます。現地通貨を証拠金にしてFXを始めたいです。どのように始めたら良いのでしょうか?また、なるべくリスクを抑えてFXを始める方法も知りたいです。   このような疑問を解決していきます。 […]

 

日本円でも現地通貨でも、お好きなほうでFXを始めることが出来ます。

 

もちろん、現地通貨でFXを始めても無条件で3,000円を受け取ることができるので、自分のお金を入金せずにリスク0でFXを始めることが可能です。

 

海外赴任中のFXで発生した利益に対する税金

さいごに、海外赴任中のFXで発生した利益に対する税金について解説しておきます。

 

非居住者(海外在住者)がFXで利益を得た場合でも、納税はしっかり行う必要があります。

 

下の表は、海外在住者のFXの利益にかかる税金をまとめた表になります。

 

口座 納税 海外在住者(非居住者)
日本の証券口座 課税制度 総合課税
税率 累進課税(最大50%)
海外の証券口座 課税制度 在住国による
税率

 

もしヒロセ通商やセントラル短資といった日本の証券口座を利用する場合、総合課税制度が適用されます。

 

総合課税とは、FXの利益と日本円の給与や不動産所得・アフィリエイト所得等を全て合算し、その合計の所得に対して課税されるものです。

 

税率は累進課税制度を採用しているので、所得額によっては最大で50%の税金が課されます。

 

なお、海外の証券口座を利用している方は在住国のルールに則って納税する必要があります。

 

詳しくは、以下の記事で解説しています。

 

関連記事

悩んでいる人 海外に住んでいます。FXで出た利益に税金はかかるのでしょうか? また、利益に対してどのくらい税金がかかるのでしょうか?どのように納税したら良いのでしょうか?   このような疑問を解決します。 &nbs[…]

【体験談】海外在住者のFXと税金について解説【節税方法あり】

 

海外のFX口座を利用していて納税について分からないことがあれば、今住んでいる国で働く日本人税理士さんに問い合わせてみるのが一番です。

 

Googleで『〇〇(国名) 税理士』のように調べればヒットするので、心配な方は問い合わせてみてください。

 

海外赴任者が現地でFXを続ける方法を解説:まとめ

海外赴任者のFX口座の取り扱いについて、いかがでしたでしょうか?

 

最後に、簡単にまとめておきます!

 

① 海外赴任になっても一部の証券口座は維持可能

② それ以外の証券口座は解約する必要あり

③ 海外赴任後に口座を開設することも可能

④ 現地通貨でFXを始めることも可能

⑤ 海外のFX口座を利用する場合は現地で納税する必要あり

 

以上になります。

 

これから海外に赴任する方や、現在赴任中の方の参考になれば幸いです。

 

下にFXの関連記事もいくつか置いておくので、気になったらぜひ読んでみてください!

 

それでは、本日は以上です!

 

【関連記事】海外在住者がFXを始める方法を解説

 

【関連記事】海外FXの口座開設ボーナスを解説します【23,000円もらえます】

 

【人気記事】Gemforexの口座開設方法を解説します【無条件で2万円ゲット】