【2021年最新版】値嵩株に投資するメリットとデメリットを解説【体験談】

悩んでいる人悩んでいる人
株価がとても高い株のことを『値嵩株(ねがさかぶ)』って言いますよね。値嵩株への投資は、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
 
こういった疑問を解決します。
 

この記事は『値嵩株ってものすごく株価が高いけど、投資するとしたらどんなメリット・デメリットがあるのかな…』という方向けです。
 
実際に私も『値嵩株って投資するのに数百万円かかったりするけど、こんな銘柄に投資したい人っているの?』と疑問に思っていた経験があります。
 
今回は株式投資歴4年目の私が、実体験を踏まえながら『値嵩株に投資するメリットとデメリット』を完全解説していきます!
 
✅この記事の内容

・値嵩株に投資するメリットとデメリットを解説

・どうしたら値嵩株に投資できるのかも併せてご紹介

 
✅この記事を書いている人

私は専業トレーダーで、普段は株式投資の利益のみで生活しています。

株式投資歴は3年以上で、現在は約1,000万円を運用しています。

 
本記事を読むことで『だから値嵩株に投資する人がいるのか!』と納得できるので、ぜひ最後までお読みください。
 
それでは始めましょう!
 

値嵩株に投資するデメリット

 

まず初めに、値嵩株に投資するデメリットから解説していきたいと思います。

 

値嵩株に投資するデメリットは、大きく下の3つです。

 

① 必要投資金額が高い

② 機関投資家の影響を受けやすい

③ 損益額の変動幅が大きい

 
それぞれ順番に解説していきます!
 

① 必要投資金額が高い

値嵩株に投資するデメリット1つ目は『必要投資金額が高い』ことです。

 

なぜなら、日本株は基本的に100株単位でしか売買できないため、1株の値段が高い値嵩株に投資するには多額のお金が必要になるからです。

 

例として、ユニクロを運営する『ファーストリテーリング』の株を見てみましょう!

 

下の写真は、ファーストリテーリングの2012年から2021年1月現在までのチャートです。

 

ファーストリテーリングのチャート

 

ファーストリテーリングの株価は右肩上がりで推移しており、2021年1月現在の株価は『91,900円』となっています。

 

もちろんこれは1株の価格になるので、ファーストリテーリングに投資するなら100株、つまり919万円が必要なるということですね!

 

以上のように、ファーストリテーリングのような値嵩株に投資するなら、必要投資金額がかなり高くなってしまうというデメリットがあります。

 

② 機関投資家の影響を受けやすい

続いて、値嵩株に投資するデメリット2つ目は『機関投資家の影響を受けやすい』ことです。

 

①でファーストリテーリングの例を挙げましたが、数百万円をポンと出して値嵩株に投資できる個人投資家は普通いませんよね。

 

ファーストリテーリングのような値嵩株を買っているのは、基本的にはプロの『機関投資家』たちです。

 

困っている人投資家
たしかに、機関投資家みたいに会社のお金を運用できるような人じゃないと、数百万円の株なんてなかなか買えないよね… 

 

つまり、値嵩株の株価の変動は、プロの機関投資家の売買の影響を受けやすいということになります。
 
私たち個人投資家が値嵩株に投資するなら、機関投資家の売買による値動きについていくことしかできないのです。

 

③ 損益額の変動幅が大きい

最後に、値嵩株に投資するデメリット3つ目は『損益額の変動幅が大きい』ことです。

 

再びファーストリテーリングの例を見てみましょう。

 

現在、ファーストリテーリングの株を90,000円で100株、評価額にして900万円分保有していたとします。

 

ファーストリテーリングの株価が1%上下、つまり株価が900円上下したときの、損益額の変動は下の表のようになります。

 

株価の変化1%下落現在の評価額1%上昇
損益額の変化8,910,000円(-90,000円)9,000,000円9,090,000円(+90,000円)

 

もし株価が1%下落したとすると、評価額は一気に90,000円減ることになります。

 

たった1%の下落でも、10万円近くのお金が減ってしまうのです!

 

悩んでいる人投資家
毎日色んな銘柄の株価を見てるけど、1%の値動きって結構当たり前のような…?

 

もちろん、上昇する時はその分大きな恩恵を受けることができます。

 

しかし、1日で数十万円単位が変動するので、人によっては値動きに心理的負担を感じてしまうでしょう。

 

値嵩株に投資するメリット

 

続いて、値嵩株に投資するメリットを解説していきます。

 

値嵩株に投資するメリットは、大きく下の3つになります。

 

① 株価が上昇しやすい

② 安定した値上がり益を狙える

③ 相場全体の雰囲気を予測することができる

 
それぞれ、順番に解説していきます!
 

① 株価が上昇しやすい

値嵩株に投資するメリット1つ目は『株価が上昇しやすい』ことです。

 

値嵩株の株価が上昇しやすいのには、下の3つの理由があります。

 

・個人投資家がいないので利確売りが入りにくい

・機関投資家がじっくり買い上げていく

・企業があえて株式分割をしない

 

それぞれ、詳しく見てみましょう。

 

個人投資家がいないので利確売りが入りにくい

一般的に、マーケットに参入している個人投資家は『利確のタイミングがとにかく早い』と言われています。

 

個人投資家は、含み益が出るとすぐに売って利食いしてしまう傾向があるんだ!

 

個人投資家が買いやすいような株価の銘柄は、少し株価が上がるとどんどん個人の利確売りが入ってきます。

 

一方で、資金量の少ない個人投資家は値嵩株にはあまり投資しません、というより株価が高すぎて投資できません。

 

よって、値嵩株には個人投資家の利確売りが入ってこないので、株価が素直に上昇しやすいのです。

 

機関投資家がじっくり買い上げていく

機関投資家は資金が大きいため、株を一気に購入しません。

 

なぜなら、一気に株を買ってしまうと株価が急激に変動してしまうからです。

 

機関投資家はゆっくり買い集め、株価が上がり十分に値幅が取れたあと、徐々に売っていきます。

 

個人投資家による利確売りが頻繁に入るわけではないので、値嵩株の株価は機関投資家の買いによって、じっくり上げていくことが多いと言われています。

 

企業があえて株式分割をしない

企業の価値とは『時価総額』であり、株価が上がるとさらに時価総額が高くなります。

 

企業は時価総額を高めるために、株価を上げようと努力するのが普通です。

 

【時価総額と株価の関係】

時価総額=株価×発行済み株式数

 

すでに株価がとても高い場合、株式分割をすることで個人投資家がその会社の株を買いやすくなりますよね!

 

一方で、すでにご説明したように、個人投資家が参入してくると株価が上がりにくくなる可能性があります。

 

それを避けるために、値嵩株と言われるような企業は『あえて株式分割をしない』で株価を高く保ち、企業価値を高めようとするのです。

 

 
投資家
資金が少なくて利食いが早い個人投資家には参入させず、機関投資家にじっくり株価を上げてもらうために、あえて株式分割しない企業もあるんだね…!
 
以上のような理由から、絶対ではありませんが、値嵩株の株価は上昇しやいと言われています!

 

② 安定した値上がり益を狙える

続いて、値嵩株に投資するメリット2つ目は『安定した値上がり益を狙える』ことです。

 

値嵩株のような時価総額が大きい銘柄は、値動きがかなりゆっくりです。

 

また、時価総額が大きい企業ほど業績が安定しているため、株価がストップ高やストップ安になる確率もかなり低いです。

 

つまり、急激な株価の変動が起きにくいのが値嵩株の特徴なのです。

 

投資家
値嵩株は損益額の変動は大きいけど、それさえ慣れてしまえば、後はじっくり株価が上がるのを待てばいいんだね!

 

①で解説した理由からも、値嵩株の株価は上がりやすいです。

 

値嵩株に投資すれば、急激に資産を増やすことはできなくても、長期的に安定した値上がり益(=キャピタルゲイン)を狙えるでしょう!

 

③ 相場全体の雰囲気を予測することができる

最後に、値嵩株に投資するメリット3つ目は『相場の雰囲気を予測することができる』です。

 

日本の代表的な株価指数といえば、ご存知の通り『日経平均株価』ですよね!

 

日経平均株価は『時価総額の大きい銘柄の影響を受けやすい』ようにできています。

 

例えば、日本株の銘柄の中で最も日経平均株価に影響力があるのは『ファーストリテーリング』です。

 

ファーストリテーリングの株価が大きく動けば、日経平均株価もそれに応じて動きやすいと言えます。

 

納得した人投資家
もし時価総額の大きい値嵩株の調子が良くないと、日経平均株価も軟調になる可能性がある、ということですね!
 
値嵩株に投資し、普段からその銘柄の情報を集めていれば、今後の相場全体の雰囲気を予測できる可能性があります。
 

① 値嵩株の決算内容があまり良くない。
=景気があまり良くない・悪くなっていく可能性がある

② 値嵩株のチャートの形があまり良くない。
=一旦は調整局面がくる可能性がある

 
例えば、上記のような値嵩株のネガティブな動向を、いち早くキャッチできたらどうでしょうか?
 
もしかしたら『これから日記平均株価が下落して、相場全体の雰囲気が悪化するかも…?』と予測を立てて、それに備えることができるかもしれません。
 
以上のように、値嵩株に投資しておくことで相場全体の雰囲気を予測できる、というメリットがあります!
 

【簡単】値嵩株に投資する方法

ここまで、値嵩株に投資するメリットとデメリットを解説していきました。

 

悩んでいる人困っている人
値嵩株への投資にメリットは感じたのですが、やはり数百万円単位のお金がないと、ファーストリテーリングのような株に投資するのは難しそうですね…
 
ここまで読んだ方の中には、上記のように思われた方もいると思います。
 
では『値嵩株は機関投資家にしか買えないのか?』というと実はそうではなく、個人投資家でも値嵩株に投資する方法はあります!
 
LINE証券』を利用すれば、個人投資家でも1株から値嵩株に投資することが可能です。
 
LINE証券のホームページ
 
どんな銘柄の株も1株から購入できるので、数百万円の投資資金は必要ありません。
 
ファーストリテーリングはもちろん、任天堂やキーエンス・ニトリといった、普通なら投資資金が数百万円必要になる値嵩株も数万円単位で購入することができます。
 
興味がある方は、ぜひLINE証券を使って値嵩株に投資してみてくださいね!
 
 

まとめ:値嵩株に投資するメリットとデメリット

値嵩株に投資するメリットとデメリット、そして値嵩株に投資する方法はいかがでしたでしょうか?

 

デメリットはあっても、LINE証券などを使って値嵩株に投資している人は結構多く、実際に私も値嵩株に投資しています。

 

本記事を通して、値嵩株に投資する人が多い理由をお分かり頂けたら嬉しいです!

 

なお、おすすめの値嵩株については下の記事で解説しているので、興味がある方は見てみてください。

 

関連記事

悩んでいる人 日本株の中でも、株価がとても高い値嵩株(ねがさかぶ)に投資したいと思っています。投資対象としておすすめの銘柄があれば、まとめて知りたいです!   こういった疑問を解決します。   […]

 

それでは、最後に今回の内容を簡単にまとめておきますね!

 

① 値嵩株への投資は、必要資金が数百万円を超えたり、機関投資家の影響を受けやすかったりするデメリットがある。

② 一方で、値嵩株に投資することで長期的に株価の上昇が期待できたり、相場全体の雰囲気を予測できたりするメリットもある。

LINE証券を利用すれば、どんなに株価が高い値嵩株でも数万円から投資することができ、長期投資として人気がある。

 
こんなところでしょうか。

 

株式投資については、ぜひ下の関連記事も参考にしてみてくださいね。

 

それでは、本日は以上です!

 

【関連記事】【2021年最新版】日本株の高配当ポートフォリオ10銘柄【完全版】

 

【関連記事】【体験談】日本株と米国株のどちらに投資するべきか解説【失敗しない】

 

【関連記事】【2021年最新版】株式投資の初心者におすすめの本10選【体験談】