【2021年最新版】米国のバリュー株おすすめ10銘柄【安全】

悩んでいる人悩んでいる人
米国株に投資しているのですが、株価が割安だと言われるバリュー株の銘柄を探しています。米国株の中で、おすすめのバリュー株があればまとめて教えてください!
 
こういった疑問を解決します。
 

この記事は『米国のバリュー株に投資したいんだけど、どんな銘柄がいいのかよくわからないな…』という方向けです。
 
実際に私も『バリュー株って探すのが面倒だし、おすすめの銘柄をまとめて知れたらいいのにな~』と思っていた経験があります。
 
今回は、専業投資家として投資収益のみで生活している私が『米国のバリュー株おすすめ10銘柄』をまとめて一気にご紹介していきます!
 
✅この記事の内容

・米国のおすすめのバリュー株を10銘柄まとめてご紹介

・各銘柄の最新の決算や株価の情報も記載

 
✅この記事を書いている人

私は専業の投資家で、普段は投資の収益だけで生計を立てています。

投資歴は約3年で、現在は約1,000万円を運用しています。

 
本記事を読むこと米国のおすすめバリュー株を10銘柄まとめて知ることができ、自分で銘柄を探す手間が省けるので、ぜひ最後までお読みください。
 
それでは始めましょう!
 

米国のバリュー株おすすめ10銘柄

 

米国株のほとんどの銘柄は、2020年のコロナショックによって大きく株価が下落しました。

 

一方で、コロナショックから1年たった今でも株価が回復していない銘柄があります。

 

そんな米国株の銘柄のなかで、本来の企業の価値や将来予想される業績に比べると株価が割安だと考えられるバリュー株10銘柄を、今回は一気にご紹介していきます!

 

① Pfizer Inc.(PFE)

② Moderna, Inc.(MRNA)

③ Gilead Sciences, Inc.(GILD)

④ Bristol-Myers Squibb Company(BMY)

⑤ Visa, Inc.(V)

⑥ The Coca-Cola Company(KO)

⑦ Carnival Corporation(CCL)

⑧ Chevron Corporation(CVX)

⑨ Lockheed Martin Corporation(LMT)

⑩ The Walt Disney Company(DIS)

 

それぞれ、順番に解説していきますね。

 

(※ご紹介している銘柄については、すべて「Stock Analysis」の情報を参考にしています。)

 

①  Pfizer Inc.(PFE)

 

まず最初にご紹介する米国のおすすめのバリュー株は『Pfizer Inc.(PFE)』(ファイザー)です!

 

ファイザーはニューヨークに本社を置く大手製薬会社で、最近は日本でもファイザー社製の新型コロナワクチンの接種がはじまっています。

 

ジョンソン・アンド・ジョンソン社とアストラゼネカ社のワクチンは、血栓が発生する可能性があるとして、世界的に使用が中止される事態となっていますよね。

 

これを受けて、最近ではファイザー社製のワクチンの需要がさらに高まっています!

 

【売上高成長率】ファイザーの売上高成長率
【EPS】ファイザーのEPS推移
【営業キャッシュフロー】ファイザーの営業キャッシュフロー推移

 

ファイザー社の売上高成長率・EPS・営業キャッシュフローの推移は、それぞれ上のグラフのとおりです。

 

新型コロナワクチンの売上が好調で、とくに売上高成長率は前年同期比+181%と3倍近い成長になっています!

 

全世界にワクチンが行き届くようになるまでには数年かかるとみられており、ファイザー社の好業績もある程度の期間は続くでしょう。

 

またS&P500インデックスのPERが23.49倍である一方、ファイザーのPERは11.80倍で、指数とくらべてもかなり割安な状態となっています。

 

ファイザーの株価チャート

 

ファイザーの株価は2020年末に43ドルの高値をつけたあと、33ドル台まで調整していました。

 

直近はふたたびワクチン期待で上昇しているものの、株価まだコロナショック前の水準に戻ってきたところです。

 

好業績を背景に株価はまだ伸びしろがあり、配当利回りも3.94%と高いことから、長期的に保有すればしっかりリターンが見込めそうな銘柄です!

 

② Moderna, Inc.(MRNA)

 

続いてご紹介する米国のおすすめのバリュー株は『Moderna, Inc.(MRNA)』(モデルナ)です!

 

モデルナはファイザー社と同様に、新型コロナワクチンを開発した大手製薬企業です。

 

モデルナは、メッセンジャーRNA(mRNA)という開発・製造期間が短く、汎用性の高い薬を開発できる技術に強みを持っています。

 

今後は新型コロナワクチンだけではなく、がんなどの治療がむずしい病気の新薬開発に期待が寄せられている企業の1つです!

 

【売上高成長率】モデルナの売上高成長率
【EPS】モデルナのEPS
【営業キャッシュフロー】モデルナの営業キャッシュフロー推移

 

モデルナの売上高成長率・EPS・営業キャッシュフローの推移は、それぞれ上のグラフのとおりです。

 

新型コロナワクチンの製造・販売によって、売上高成長率と営業キャッシュフローがここ最近で爆発的に伸びていますね!

 

モデルナも引き続きワクチンの恩恵を受けることになり、今後も安定的な成長が見込まれます。

 

一方でPERは7.56倍と、一般的な米国株の銘柄にくらべるとまだまだ割安な水準となっています。

 

モデルナの株価チャート

 

モデルナの株価は、新型コロナワクチンへの期待感と業績拡大によって、コロナショック後から大きく上昇してきました。

 

直近では、今年2月につけた180ドルの高値を目指して再上昇しています。

 

ワクチン売上の業績への影響は、今後さらに強く反映されてくると予想されるため、なるべく早めに乗っておきたい銘柄ですね!

 

③  Gilead Sciences, Inc.(GILD)

 

続いてご紹介する米国のおすすめのバリュー株は『Gilead Sciences(GILD)』(ギリアド・サイエンス)です!

 

ギリアド・サイエンスは、ウイルス性疾患や炎症性疾患、またがんの治療薬の開発・提供をおこなっている企業です。

 

2020年には、新型コロナウイルスの治療薬である「レムデシビル」を開発したことでも有名になりましたね。

 

【売上高成長率】ギリアド・サイエンスの売上高成長率
【EPS】ギリアド・サイエンスのEPS
【営業キャッシュロー】ギリアド・サイエンスの営業キャッシュフロー

 

ギリアド・サイエンスは、新型コロナウイルスが蔓延しはじめてから、業績をすこし落としていました。

 

理由は、同社の売上の約80%を占めるHIV関連の治療薬の供給が、病院の一般診療の制限によって落ち込んだからです。

 

業績もなかなか上向いてこないことから、PERも9.37倍と割安に放置された状態となっています。

 

ギリアド・サイエンスの株価チャート

 

ギリアド・サイエンスの株価は、2020年に新型コロナウイルスの治療薬を開発したと発表したことで、一時86ドルまで上昇しました。

 

一方で直近では、業績の低迷が株価に響いており60ドル台後半での推移が続いています。

 

今後は、新型コロナウイルが落ち着いて一般診療がもとに戻れば、同社の業績も急回復する可能性があります。

 

配当利回りも4.07%と高いため、アフターコロナを見据えて株価の安い今のうちに仕込んでおきたい銘柄ですね!

 

④  Bristol-Myers Squibb Company(BMY)

 

続いてご紹介する米国のおすすめのバリュー株は『Bristol-Myers Squibb Company(BMY)』(ブリストル・マイヤーズ)です!

 

ブリストル・マイヤーズは、がんや心臓血管の疾患・エイズ・糖尿病などの治療薬を開発している大手製薬企業です。

 

2020年には、がんなどの治療薬を開発しているCelgene(セルジーン)の大型買収をおこなっており、今後の業績拡大に期待が高まっています。

 

【売上高成長率】ブリストル・マイヤーズの売上高成長率
【EPS】ブリストル・マイヤーズのEPS推移
【営業キャッシュフロー】ブリストル・マイヤーズの営業キャッシュフロー推移

 

2019年以降、高い売上高成長率をキープしていますね。

 

営業キャッシュフローも年々増加傾向にあり、企業としての稼ぐ力が高まっているようにみえます!

 

なお、昨年にはバリュー株投資家として有名なウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイも、ブリストル・マイヤーズの株を追加購入したと明らかにしています。

 

高い成長率を保っているものの、同社のPERは8.75倍と割安な水準で放置されている状態です。

 

ブリストルマイヤーズの株価チャート

 

ブリストル・マイヤーズの株価は2020年5月以降、57ドルから67ドルの間で小幅な値動きが続いています。

 

一方で徐々に安値を切り上げており、そろそろ大きく上に跳ねそうなチャートの形をしています。

 

70ドルのラインを超えてくればかなり値動きが軽くなりそうなので、高値ブレイクを期待してそろそろ仕込み始めたい銘柄です!

 

⑤  Visa, Inc.(V)

 

続いてご紹介する米国のおすすめのバリュー株は『Visa, Inc.(V)』(ビザ)です!

 

ビザは、200を超える国や地域の金融機関・店舗・個人に利用されている、決済サービスを提供する大企業です。

 

市場シェアは56%で、同社のおもな収益源はビザカードを利用した際に取引の数パーセントを受け取る「手数料」です。

 

【売上高成長率】ビザの売上高成長率
【EPS】ビザのEPS推移
【営業キャッシュフロー】ビザの営業キャッシュフロー

 

新型コロナウイルスによって小売店や飲食店が営業休止・時短営業を余儀なくされたため、クレジットカードやデビットカードの手数料収入がメインのビザは大きな影響を受けました。

 

一方で今後、ワクチンが普及し新型コロナウイルスが終息に向かえば、営業を再開する店舗はますます増え、ビザの手数料収入も回復が見込まれます。

 

またコロナ前とは違い、現在はオンラインショッピングの比重もかなり高まってきているので、ビザにとってはさらに追い風となるでしょう。

 

PERはたしかに41倍と決して低いとはいえませんが、アフターコロナで人々の消費活動がさらに活発になるとすれば、現在のPERでもまだ割安な水準と言えますね!

 

ビザの株価チャート

 

ビザの株価は、コロナショック前の水準をすこし上回ったところで推移しています。

 

マーケットは徐々にアフターコロナの世界を織り込み始めており、ビザの株価もさらに上昇すると予想されます。

 

圧倒的なブランド力を誇る企業で業績も安定しているので、気軽に買えるバリュー銘柄の1つですね!

 

⑥  The Coca-Cola Company(KO)

 

続いてご紹介する米国のおすすめのバリュー株は『The Coca-Cola Company(KO)』(コカ・コーラ)です!

 

ご存知のとおり、コカ・コーラは世界最大の飲料メーカーです。

 

ソフトドリンク5大ベストセラーのうち、4ブランド(コカ・コーラ、ダイエット・コーク、ファンタ、スプライト)を販売しているのがコカ・コーラ社です。

 

【売上高成長率】コカ・コーラの売上高成長率
【EPS】コカ・コーラのEPS推移
【営業キャッシュフロー】コカ・コーラの営業キャッシュフロー推移

 

売上高成長率をみると、2020年に入ってから大きく落ち込んでいることがわかりますね。

 

コカ・コーラの売上のおよそ50%は飲食店での売上であったため、同社も新型コロナウイルスの影響を大きく受けることになりました。

 

一方でワクチンが普及し、人々がこれまでどおり外食できるようになれば、コカ・コーラの売上はもとに戻ることが予想されます!

 

コカ・コーラの株価チャート

 

コカ・コーラの株価は、まだコロナショック前の水準を回復できていない状態です。

 

一方で直近の株価をみてみると、アフターコロナを見据えて上昇基調となっています。

 

配当利回りは3%を超え、増配当も59年続けている企業ですので、まだ保有していない方は今すぐにも買っておくべき銘柄ですよ!

 

⑦  Carnival Corporation(CCL)

 

続いてご紹介する米国のおすすめのバリュー株は『Carnival Corporation(CCL)』(カーニバル)です!

 

カーニバルは、アメリカのマイアミに拠点を置くクルーズ船の運営企業です。

 

コロナ前は富裕層を中心に人気だったカーニバルのクルーズ旅行も、新型コロナウイルスの影響で需要がなくなってしまい、現在も運行を中止しています。

 

【売上高成長率】カーニバルの売上高成長率
【EPS】カーニバルのEPS推移
【営業キャッシュフロー】カーニバルの営業キャッシュフロー

 

カーニバルの業績は、コロナ前と比較すると一変していますね。

 

売上高成長率はもちろん、EPSと営業キャッシュフローもマイナスでかなり厳しい状況です。

 

一方で、アメリカの疾病対策センター(CDC)は4月、クルーズ船の運航再開を今年の夏までに制限付きで許可する可能性があると発表しています。

 

もちろん今後のワクチンや感染の状況にもよりますが、希望の光は見えており最悪の時期は脱したと言えるでしょう。

 

カーニバルの株価チャート

 

カーニバルの株価は、現時点でもコロナショック前の半値以下となっています。

 

一方でCDCの発表もあったことから、今後はバリュー株としての注目が集まり、株価も徐々に持ち直すことが予想されます。

 

チャート的にも底打ち感があるので、そろそろ仕込み始めてもよい頃かもしれませんね!

 

⑧  Chevron Corporation(CVX)

 

続いてご紹介する米国のおすすめのバリュー株は『Chevron Corporation(CVX)』(シェブロン)です!

 

シェブロンは、カリフォルニア州に本社を置いている大手石油関連企業です。

 

エクソンモービルやロイヤルダッチシェルと並び、石油関連企業のなかでも最大規模を誇る「石油スーパーメジャー」に数えられる1社です。

 

【売上高成長率】シェブロンの売上高成長率
【EPS】シェブロンのEPS推移
【営業キャッシュフロー】シェブロンの営業キャッシュフロー推移

 

新型コロナウイルスの影響により、経済活動が制限されたことで石油需要が大きく落ちこみました。

 

また、環境意識の高まりから石油を敬遠する動きも重なりシェブロンも大打撃を受け、売上高成長率やEPSがマイナスとなっています。

 

一方でワクチンも供給されはじめており、世界経済は最悪期を脱しています。

 

経済回復にともなって石油需要も戻ってくることが予想されるため、シェブロンの復活にも期待が高まっています!

 

シェブロンの株価チャート

 

シェブロンの株価は、現状まだコロナショック前の水準を回復できていません。

 

一方で直近の値動きを見てみると、アフターコロナを織り込んで上昇傾向にあります。

 

バリュー株としてはもちろん、配当利回り5.01%と高配当株としても魅力的なので、なるべく株価が安いうちに買っておきたい銘柄です!

 

⑨  Lockheed Martin Corporation(LMT)

 

続いてご紹介する米国のおすすめのバリュー株は『Lockheed Martin Corporation(LMT)』(ロッキード・マーチン)です!

 

ロッキード・マーチンは、戦闘機や輸送機・無人機などの軍事用航空機、またミサイル防衛システムや軍事用情報システムなどを開発・製造している企業です。

 

軍事関連事業のほかに人工衛星の開発など、宇宙関連事業も手がけています。

 

【売上高成長率】ロッキード・マーチンの売上高成長率
【EPS】ロッキード・マーチンのEPS推移
【営業キャッシュフロー】ロッキード・マーチンの営業キャッシュフロー

 

ロッキード・マーチンの売上高成長率を見てみると、約7%とそこまで高くはありません。

 

一方でEPSは右肩上がりで着実に伸びており、収益力が年々高まっていることが伺えます!

 

また、同社の売上の約70%はアメリカ政府からの受注によって構成されています。

 

景気の良し悪しに左右されにくく、安定して利益を上げ続けられるのはロッキード・マーチンの大きな特徴ですね!

 

ロッキード・マーチンの株価チャート

 

ロッキード・マーチンの株価は、特にコロナの影響を大きく受けているわけではないのに、コロナショック前の水準を回復できていません。

 

防衛セクターは変化に乏しく地味な分野であるため、市場参加者の注目度があまり高くないことが理由として挙げられます。

 

一方で今後は、アメリカと中国の対立関係や宇宙関連ビジネスの高まりから、同社に注目が集まる可能性も高いです。

 

先を見越して、株価が割安ないまのうちに仕込んでおきたい銘柄の1つですね!

 

⑩  The Walt Disney Company(DIS)

 

さいごにご紹介する米国のおすすめのバリュー株は『The Walt Disney Company(DIS)』(ディズニー)です!

 

ディズニーはご存知のとおり、世界各国でテーマパークを運営する米国の総合エンターテインメント企業です。

 

ディズニーランドなどのテーマパーク事業を柱としている同社は、今回のコロナショックでもっとも打撃をうけた企業の1つです。

 

【売上高成長率】ディズニーの売上高成長率
【EPS】ディズニーのEPS推移
【営業キャッシュフロー】ディズニーの営業キャッシュフロー推移

 

これまで右肩上がりに成長してきたEPSと営業キャッシュフローは、コロナの影響で一気にマイナスに転じました。

 

テーマパークの休業、さらに映画製作部門では大ヒットが予想されていた作品の公開が延期になるなど、コロナはディズニーの業績に大きな影響を及ぼしました。

 

一方で、コロナ禍において大きく成長したのがHuluやDisney+といった動画配信サービスで、とくにDisney+の契約者数はサービス開始約1年ですでに1億人を超えています。

 

収益の柱がもう1つ増えたことで、テーマパークが再開するとなれば、これまで以上に業績が伸びると予想されます!

 

ディズニーの株価チャート

 

ディズニーの株価はすでにコロナ前の水準を超えていますが、まだテーマパークは完全再開とまではいっていません。

 

ワクチンが普及し、誰でもまたディズニーランドにいける世界が戻ってきた場合の業績を考えれば、株価はまだ割安な水準です。

 

チャートを見ると株価は高いように感じてしまいますが、今後はコロナの収束とともに上がるしかないので、ちゅうちょせずに買っていきたい銘柄ですね!

 

まとめ:米国のバリュー株おすすめ10銘柄

米国のバリュー株おすすめ10銘柄、いかがでしたでしょうか?

 

最近は先進国を中心に、徐々にではあるもののワクチンが普及しはじめています。

 

世界経済もゆっくりと回復に向けて動きだしているので、完全にもとの生活に戻ることが確定する前に、今のうちからバリュー株に投資しておきたいですね!

 

それでは、改めて『米国のバリュー株おすすめ10銘柄』を振り返っておきましょう。

 

① Pfizer Inc.(PFE)

② Moderna, Inc.(MRNA)

③ Gilead Sciences, Inc.(GILD)

④ Bristol-Myers Squibb Company(BMY)

⑤ Visa, Inc.(V)

⑥ The Coca-Cola Company(KO)

⑦ Carnival Corporation(CCL)

⑧ Chevron Corporation(CVX)

⑨ Lockheed Martin Corporation(LMT)

⑩ The Walt Disney Company(DIS)

 

以上の10銘柄になります。

 

米国株に投資している方は、ぜひ下の関連記事も参考にしてみてくださいね。

 

様々なテーマで、具体的な銘柄名をまとめてご紹介していますよ!

 

それでは、本日は以上です!
 
 
 
 

株価が上がりやすい銘柄の特徴についてまとめたレポートを無料で提供しています。

無料レポート:勝ち組投資家の常識
株価が上がりやすい銘柄の選び方

「買った銘柄の株価がなかなか上がらない…」と悩んでいませんか?実は、資産を大きく増やしたことのある投資家なら “必ず” 知っている銘柄の選び方があります。

① 株価が上がりやすい銘柄の比較
② 株価が上がりやすい銘柄の8つの共通点
③ 株価が上がりやすい銘柄を探すための7つのヒント

などなど、今すぐに役立つ内容になっているので、株に投資している方はご活用ください。

無料PDFレポート