【2021年最新版】米国の連続増配当株おすすめ10銘柄【体験談】

悩んでいる人困っている人
米国株のなかで、毎年のように増配を繰り返している連続増配銘柄に投資したいと思っています。なるべく増配年数が長い銘柄の方が安心感があるのですが、おすすめの連続増配当銘柄をまとめて教えてください!
 
こういった疑問を解決します。
 

この記事は『米国株のなかでも毎年増配している銘柄に投資したいな…』と思っている方向けです。
 
実際に私も『複利でお金を増やすならやっぱり連続増配当株への投資が一番だけど、どんな銘柄に投資したらいいんだろう?』と疑問に思っていた経験があります。
 
今回は、専業投資家として投資収益のみで生活している私が『米国の連続増配当株おすすめ10銘柄』を完全解説します!
 
この記事の内容

・米国の連続増配当株おすすめ10銘柄をご紹介

・各銘柄の最新の配当利回りや配当支払い月、現在の株価チャートまでをまとめて解説

 
✅この記事を書いている人

私は専業の投資家で、現在は投資の収益のみで生活しています。

投資歴は3年以上で、現在は約1,000万円を運用しています。

 
本記事を読むことで、米国株のなかでも最強の連続増配当株を知ることができ、毎月配当金がもらえるポートフォリオも組めるようになります。
 
それでは始めましょう!
 

米国の連続増配当株おすすめ10銘柄

 

米国株のなかには、何十年にもわたって毎年支払う配当金を増やし続けている銘柄があります。

 

今回は、そんな「連続増配当株」のなかから、おすすめの10銘柄をご紹介していきます!

 

① プロクター・アンド・ギャンブル(PG)

② スリーエム(MMM)

③ コカ・コーラ(KO)

④ ジョンソン・アンド・ジョンソン(JNJ)

⑤ コルゲート・パーモリーブ(CL)

⑥ ターゲット(TGT)

⑦ アルトリア・グループ(MO)

⑧ ウォルマート(WMT)

⑨ マクドナルド(MCD)

⑩ エクソン・モービル(XOM)

 

それぞれ、順番に解説していきます。

 

(※最新の配当利回りなどの情報については、『楽天証券』から2021年6月現在の数値を参考に記載しております。)

 

① プロクター・アンド・ギャンブル(PG)

プロクター・アンド・ギャンブルのホームページ

 

まず最初にご紹介するおすすめの連続増配当株は「プロクター・アンド・ギャンブル(PG)」です!

 

「P&G」は、日本でもファブリーズやアリエールなどを販売している、米国最大の一般消費財メーカーです。

 

日本人であっても、誰でも一度はP&Gの製品を使ったことがあるでしょう。

 

ティッカーPG
連続増配年数65年
配当利回り2.55%
配当支払い月
2月・5月・8月・11月
株価 135ドル
必要投資額 約14,700円

 

P&Gの連続増配年数は、米国株のなかでもトップクラスの「65年」です。

 

扱っているものが生活必需品ばかりのため、業績も非常に安定しており、とにかく信頼感のある銘柄ですね!

 

プロクター・アンド・ギャンブルの株価チャート

 

P&Gの株価は、現在のところ135ドル付近で推移しています。

 

今後も世界の人口が増えていけば、おのずとP&Gの業績も伸びていくと予想されます。

 

インカムゲインはもちろんですが、キャピタルゲイン目当てでも必ず保有しておきたい銘柄の1つですね!

 

② スリーエム(MMM)

スリーエムのホームページ

 

続いてご紹介するおすすめの連続増配当株は「スリーエム(MMM)」です!

 

スリーエムはアメリカのミネソタ州に本社を置いている、世界的な化学・電気素材メーカーです。

 

最近では新型コロナと戦う医療従事者向けに、高品質な医療用マスクや防護服を製造しており、日本でもニュースになりました。

 

ティッカーMMM
連続増配年数63年
配当利回り2.87%
配当支払い月
3月・6月・9月・12月
株価 205ドル
必要投資額 約22,400円

 

スリーエムの連続増配年数は「63年」で、P&Gに続きこちらも米国株のなかではトップクラスです。

 

私たちの生活になじみのあるエムスリーの製品といえば、ふせんの「Post-it」です。

 

一方でエムスリーの事業はかなり幅ひろく、ヘルスケアから自動車関連・通信や石油関連まで、合計5万以上の製品を製造・販売しているコングロマリット企業です!

 

スリーエムの株価チャート

 

エムスリーの株価はコロナ前の水準を超え、2019年の高値に迫る205ドル付近で推移しています。

 

長期的にみれば、2018年の高値である260ドルを超えるのも時間の問題でしょう。

 

保有していれば毎年勝手に配当金を増やしてくれる銘柄でもあるので、ポートフォリオに組み入れない理由はありませんね!

 

③ コカ・コーラ(KO)

コカコーラのホームページ

 

続いてご紹介するおすすめの連続増配当株は「コカ・コーラ(KO)」です!

 

説明は不要かなと思いますが、おなじみ「コカ・コーラ」を販売している世界最大の飲料メーカーです。

 

ティッカーKO
連続増配年数59年
配当利回り2.98%
配当支払い月
4月・7月・10月・12月
株価 56ドル
必要投資額 約6,110円

 

コカ・コーラの連続増配年数は「59年」となっています。

 

投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットも33年保有し続けている、米国株の超定番銘柄ですね!

 

コカ・コーラの株価チャート

 

コカ・コーラの株価は、まだコロナ前の水準には届かない56ドル付近で推移しています。

 

これは、新型コロナによりレストランが休業していたため、コカ・コーラの需要も落ち込んだためです。

 

あくまで一時的に業績が下がっているだけなので、アフターコロナも見据えて強気に買い向かっていきたい銘柄ですね!

 

④ ジョンソン・アンド・ジョンソン(JNJ)

ジョンソン・アンド・ジョンソンのホームページ

 

続いてご紹介するおすすめの連続増配当株は「ジョンソン・アンド・ジョンソン(JNJ)」です!

 

ジョンソン・アンド・ジョンソンは、医薬品や医療機器を製造・販売しているコングロマリット企業です。

 

最近では、新型コロナのワクチンを世界に提供していることでも、よくニュースに取り上げられていますね。

 

ティッカーJNJ
連続増配年数59年
配当利回り2.55%
配当支払い月
3月・6月・9月・12月
株価 165ドル
必要投資額 約18,000円

 

ジョンソン・アンド・ジョンソンは、「59年」連続で増配当を達成している企業です。

 

医薬品の需要がなくなることは絶対にないので、今後も安定した成長が期待できますね!

 

ジョンソン・アンド・ジョンソンの株価チャート

 

ジョンソン・アンド・ジョンソンの株価は、コロナ前の水準を大きく超えて165ドル付近で推移しています。

 

今後は、業績に新型コロナのワクチンの売上が反映されてくる可能性があります。

 

配当金目当てはもちろん、キャピタルゲイン目当てでも保有しておいて損はない銘柄ですね!

 

⑤ コルゲート・パーモリーブ(CL)

コルゲートのホームページ

 

続いてご紹介するおすすめの連続増配当株は「コルゲート・パームリーブ(CL)」です!

 

コルゲートは、歯磨き粉やせっけん・ペットフードなどを取り扱っている消費財メーカーです。

 

とくにコルゲートの歯磨き粉は世界シェアNo.1で、もっとも多くの人に利用されている歯磨き粉となっています。

 

ティッカーCL
連続増配年数58年
配当利回り

2.14%

配当支払い月
2月・5月・8月・11月
株価

83ドル

必要投資額 約9,100円

 

コルゲートの連続増配年数は「58年」です。

 

歯磨き粉も生活必需品であり、需要がなくなることは決してありません。

 

使っている歯磨き粉のブランドを変えることもそうないので、引き続き業績は安定して成長していくでしょう!

 

コルゲートの株価チャート

 

コルゲートの株価は、2020年末の高値にせまる83ドル付近で推移しています。

 

配当金はもちろん、今後の株価の上昇にもかなり期待がもてる銘柄の1つですね!

 

⑥ ターゲット(TGT)

ターゲットのホームページ

 

続いてご紹介するおすすめの連続増配当株は「ターゲット(TGT)」です!

 

ターゲットは、全米で約1,900店舗のディスカウントスーパーを展開している巨大企業です。

 

クリーンでおしゃれな雰囲気が人気の理由で、アメリカ人の生活にとってなくてはならない存在となっています。

 

ティッカーTGT
連続増配年数53年
配当利回り1.17%
配当支払い月
3月・6月・9月・12月
株価 230ドル
必要投資額 約25,000円

 

ターゲットは「53年」連続で増配当を発表している歴史ある企業です。

 

最近のアメリカはワクチンが普及し、消費も元に戻りはじめていることから、ターゲットの業績も昨年に比べて大きく成長しています。

 

さらに、昨年から力を入れているオンライン通販事業も引き続き好調で、今後も安定した成長が見込まれています!

 

ターゲット・コーポレーションの株価チャート

 

ターゲットの株価はコロナおかまいなしにグングン伸び続け、現在は230ドル付近で推移しています。

 

今後、ワクチンがさらに普及して生活がコロナ前のように戻れば、ターゲットの業績も爆発的に伸びる可能性があります。

 

インカムゲインだけでなく、キャピタルゲインも狙える銘柄として絶対にポートフォリオに加えておきたい銘柄ですね!

 

⑦ アルトリア・グループ(MO)

アルトリア・グループのホームページ

 

続いてご紹介するおすすめの連続増配当株は「アルトリア・グループ(MO)」です!

 

アルトリアは、バージニア州に本社を置いている世界最大のタバコ製品の製造・販売を手掛けている企業です。

 

食品事業にも強みを持っており、傘下には全米トップ10に入るワイナリーや、ビール世界最大手のアンハイザー社などを抱えています。

 

ティッカーMO
連続増配年数51年
配当利回り6.91%
配当支払い月
1月・4月・7月・10月
株価 50ドル
必要投資額 約5,500円

 

アルトリアの連続増配年数は「51年」です。

 

配当利回りも6.91%と非常に高く、高配当投資家にもかなり人気のある銘柄の1つですね!

 

先進国では健康志向の高まりから喫煙率が下がってきており、アルトリアはタバコ事業以外にも積極的に参入しています。

 

アルトリアの株価チャート

 

アルトリアの株価は、コロナショック前とほぼ同水準の50ドル付近で推移しています。

 

チャート的には株価は下げ止まっているように見え、52ドルの高値をブレイクするのも時間の問題です。

 

配当利回りがかなり高いため、株価がなるべく安いうちに仕込んでおきたいですね!

 

⑧ ウォルマート(WMT)

ウォルマートのホームページ

 

続いてご紹介するおすすめの連続増配当株は「ウォルマート(WMT)」です!

 

ウォルマートは、全世界でスーパーマーケットを展開する業界トップの小売企業です。

 

かつて、日本のスーパーマーケット大手の西友を傘下に収めていた過去もあります。

 

ティッカーWMT
連続増配年数48年
配当利回り1.55%
配当支払い月
1月・4月・6月・9月
株価

140ドル

必要投資額 約15,300円

 

ウォルマートの連続増配年数は「48年」となっています。

 

コロナで外食が減り、在宅の時間が長くなったことからウォルマートの業績も大きく成長しました!

 

「アメリカ人がもっとも通うスーパーマーケット」の地位は揺るぎないので、今後も安定した成長が見込めます。

 

ウォルマートの株価チャート

 

ウォルマートの株価は、チャート上で確認できる2017年からひたすら右肩上がりで上昇しつづけています。

 

直近ではいったん押し目を作り、ふたたび2020年末につけた155ドルの高値を取りにいきそうな形です。

 

きれいな上昇トレンドを形成しているチャートなので、買って安心して放置できる銘柄ですね!

 

⑨ マクドナルド(MCD)

マクドナルドのホームページ

 

続いてご紹介するおすすめの連続増配当株は「マクドナルド(MCD)」です!

 

会社の紹介は必要ないと思いますが、全世界でマクドナルドを展開する業界最大手のファーストフードチェーンです。

 

ティッカーMCD
連続増配年数45年
配当利回り2.21%
配当支払い月
3月・6月・9月・12月
株価 231ドル
必要投資額 約25,200円

 

マクドナルトは「45年」連続で増配当を発表しています。

 

2020年はコロナの影響で既存店の売上が大きく減少し、マクドナルドにとっては厳しい1年でした。

 

一方でこれからワクチンが普及し、コロナ前のようにお店でハンバーガーが食べられるようになれば、業績も間違いなく回復してくることでしょう!

 

マクドナルドの株価チャート

 

マクドナルドの株価は、コロナショック前の水準をすこし上回った230ドル付近で推移しています。

 

株価も、徐々にアフターコロナを織り込み始めています。

 

これから大きく上昇してしまう前に、しっかり仕込んでおきたい銘柄の1つですね!

 

⑩ エクソン・モービル (XOM)

エクソンモービルのホームページ

 

さいごにご紹介するおすすめの連続増配当株は「エクソン・モービル (XOM)」です!

 

エクソン・モービルはアメリカのテキサス州に本社を置く、世界最大手の総合エネルギー企業です。

 

石油大手企業6社で構成される「オイルメジャー」の一角を占めており、売上高も世界最大規模をほこっています。

 

ティッカーXOM
連続増配年数38年
配当利回り5.66%
配当支払い月
3月・6月・9月・12月
株価 61ドル
必要投資額 約6,600円

 

エクソン・モービルは「38年」連続で増配当を達成しています。

 

2020年のコロナショック時は原油価格が大暴落し、エクソン・モービルも苦境に立たされました。

 

競合他社が減配を余儀なくされるなか、それでもエクソン・モービルは「株主還元」を守り抜き、増配を死守しました。

 

エクソンモービルの株価チャート

 

エクソン・モービルの株価は、まだコロナショック前の水準を回復できていません。

 

一方で、今後ワクチンが普及して観光や消費がもとに戻れば、石油を扱うエクソン・モービルの業績は間違いなく回復します。

 

配当利回りも5.66%とかなり高いことから、株価がまだ安い今のうちに仕込んでおきたい銘柄ですね!

 

まとめ:米国の連続増配当株おすすめ10銘柄

米国の連続増配当株おすすめ10銘柄、いかがでしたでしょうか?

 

正直、ご紹介した10銘柄だけでポートフォリオを組んでもまったく問題ないくらい、最強の銘柄ばかりだと思います。

 

インカムゲインだけでなく、キャピタルゲインも狙えるような銘柄もあるので、ぜひご自身の投資の目的に合わせてポートフォリオに組み入れてみてくださいね!

 

それでは、さいごに米国の連続増配当株10銘柄を改めてまとめておきます。

 

① プロクター・アンド・ギャンブル(PG)

② スリーエム(MMM)

③ コカ・コーラ(KO)

④ ジョンソン・アンド・ジョンソン(JNJ)

⑤ コルゲート・パーモリーブ(CL)

⑥ ターゲット(TGT)

⑦ アルトリア・グループ(MO)

⑧ ウォルマート(WMT)

⑨ マクドナルド(MCD)

⑩ エクソン・モービル (XOM)

 

本ブログでは、米国株の銘柄について様々なテーマでまとめています。

 

気になる方は、ぜひ下の関連記事も参考にしてみてくださいね。

 

それでは、本日は以上です!

 

【関連記事】【2021年最新版】米国株のおすすめ銘柄を5記事でご紹介【体験談】

 

【関連記事】【2021年最新版】米国株の高配当ポートフォリオ10銘柄【安全】

 

【関連記事】【2021年最新版】米国のバリュー株おすすめ10銘柄【安全】

\ 完全無料・7つのプレゼント付き /
専業の投資家が、失敗しない「お金がお金を生む仕組みの作り方」を無料で大公開!

無料マガジン:最短・最速で経済的自由を達成する方法

「投資の収益だけで生活できるようになりたいな…」
「なるべく早く会社を辞めて自由な生活を送りたい…」
こんな悩みを抱えていませんか?
本マガジンでは、こういったお金の悩みを3ステップで解決していきます。

① お金が勝手に増える「原理原則」
② 「お金がお金を生む」ポートフォリオの作り方
③ 低リスクなのに資産を大きく増やせる投資法

などなど、今すぐ役立つ内容になっているので、これから経済的に自由な生活を送りたい方はぜひご登録ください!