【2021年最新版】米国の成長株おすすめ10銘柄【体験談】

\限定の銘柄情報を発信中!/

悩んでいる人

米国株のなかでも、これから株価が大きく伸びることが期待される、いわゆる成長株(グロース株)に投資したいと思っています。米国のおすすめ成長株を教えてください!

こういった疑問を解決します。

この記事は『たくさんある米国株の銘柄のなかで、これから株価が大きく上がりそうなおすすめの成長株(グロース株)を知りたい!』という方向けです。

実際に私も『自分で銘柄を探すのも大変だし、今年株価が伸びそうなおすすめの成長株をまとめて知りたいな~』と思っていた経験があります。

今回は、普段からアメリカの成長株にのみ投資している私が『米国の成長株おすすめ10銘柄』を完全解説していきます!

✅この記事の内容

・米国のおすすめ成長株を10銘柄をまとめてご紹介

・各銘柄の最新の決算や株価の情報も記載

この記事を書いている人

私は専業の投資家で、普段は投資の収益だけで生計を立てています。

投資歴は3年以上で、現在は約1,000万円を運用しています。

本記事を読むことで『この成長株に投資してみよう!』というきっかけができるはずなので、ぜひ最後までお読みください。

それでは始めましょう!

目次

米国の成長株おすすめ10銘柄

今回ご紹介する米国の成長株おすすめ10銘柄の多くは、新興銘柄で構成されるNASDAQ市場に上場しています。

コロナショック後は、とくにGAFAやTeslaを中心としたNASDAQ銘柄の人気が高まっており、株価が割高になりがちです。

成長株に投資される際は、この点にはぜひ注意してくださいね。

  1. ズーム(ZM)
  2. クラウド・ストライク(CRWD)
  3. オクタ(OKTA)
  4. トレード・デスク(TTD)
  5. ドキュサイン(DOCU)
  6. スクエア(SQ) 
  7. ファイバー・インターナショナル(FVRR)
  8. ピンタレスト(PINS)
  9. ロク(ROKU)
  10. ズーム・インフォ(ZI)

今回は上記の10銘柄について、順番に解説していきます!

(※ご紹介している銘柄については、すべて「Stock Analysis」の情報を参考にしています。)

① ズーム(ZM)

Zoomのホームページ

まず最初にご紹介する米国のおすすめ成長株は『Zoom Video Communications, Inc.(ZM)』です!

ご存知のとおり、Zoomはオンライン会議プラットフォームを提供している企業です。

Zoomの収益はサブスク(月額課金)がメインで、売上高成長率・EPS・営業キャッシュフローの推移はそれぞれ下のグラフのとおりです。

【売上高成長率】
【EPS】
【営業キャッシュフロー】

Zoomは2019年4月に上場して以降、決算発表で一度もガイダンス(業績予想)を下回ったことがない銘柄です。

売上高が前年同期比25%以上成長している企業を「成長株」と呼ぶのが一般的な中で、ZMはなんと300%以上の成長率を維持しています!

EPS・営業キャッシュフローも大きく上昇していますね。

とくに営業キャッシュフローマージン(売上高に占める営業キャッシュフローの割合)はなんと55.49%で、米国株の平均である11.9%の約5倍となっています。

Zoomの株価チャート

Zoomの株価は、2020年9月につけた高値から40%以上も下げている状態です。

一方で、株価は2020年8月末にできた窓をしっかり埋めました。

業績もよく、チャートの形も整ってきたので、これからさらなる株価上昇が期待できそうですね!

② クラウド・ストライク(CRWD)

Crowd Strikeのホームページ

続いてご紹介する米国のおすすめ成長株は『CrowdStrike Holdings, Inc.(CRWD)』です!

CrowdStrikeは、情報セキュリティー対策ソリューションを提供している企業です。

コロナ禍で在宅ワークの時間が増え、クラウドのセキュリティ需要が高まったことで売上高を伸ばしている銘柄です。

【売上高成長率】
【EPS】
【営業キャッシュフロー】

CrowdStrikeはZoomとおなじように、2019年6月に上場して以降、業績は一度もガイダンスを下回ったことがありません。

売上高成長率は常に70%以上をキープしており、サブスクサービスを提供しているため、今後も安定した売上高の伸びが期待できそうですね!

営業キャッシュフローも大きく成長しており、営業キャッシュフローマージンはなんと40.85%で、米国株の平均である11.9%を約3.5倍上回っています。

CrowdStrikeの株価チャート

CrowdStrikeの株価は、今年3月に200日の移動平均線近くまで下落したあと、急反発をみせています。

今後は50日の移動平均線を超えてくれば、さらに安心して買うことができるチャートの形になりそうですね!

③ オクタ(OKTA)

Oktaのホームページ

続いてご紹介する米国のおすすめ成長株は『Okta, Inc.(OKTA)』です!

Oktaは、企業向けのID管理システムサービスを提供している、業界最大手の会社です。

ソフトウェアのクラウド化が急激に進行していることで、近年Oktaに対する需要もどんどん高まっています。

【売上高成長率】
【EPS】
【営業キャッシュフロー】

Oktaは2017年4月に上場した企業なのですが、当時と比べて総顧客数は約3倍の1万社にまで急拡大しています。

さらに今年3月3日、オースゼロ(Auth0)の買収を発表したことで、Oktaのターゲット市場は2倍近くに広がると言われています!

売上高成長率は40%以上を継続しており、今後も高成長の維持が期待できそうですね。

2020年に入って以降は営業キャッシュフローも力強く上昇しており、営業キャッシュフローマージンは15.33%となっています。

Oktaの株価チャート

直近のOktaの株価は、3月上旬に200日の移動平均線を割ったあと回復し、現在は50日の移動平均線を試している状況です。

キリのよい$200付近でしっかりと下げ止まっているのも好印象です。

出来高も伴って上昇していることから、今年2月につけた高値に向けてスルスルと上がる可能性が高そうですね!

④ トレード・デスク(TTD)

The TradeDeskのホームページ

続いてご紹介する米国のおすすめ成長株は『The Trade Desk, Inc.(TTD)』です!

Trade Deskは、DSP(Demand Side Platform)というツールを提供している代表的な企業です。

DSPとは、広告主側の広告効果を最適化・最大化するためのツールで、DSP市場は2024年まで年平均32.4%で成長すると言われています。

【売上高成長率】
【EPS】
【営業キャッシュフロー】

Trade Deskは2016年9月に上場し、コロナ禍で一躍注目を浴びた企業のひとつです。

売上高成長率は40%前後をキープしており、EPSと営業キャッシュフローは2020年に入って以降、大きく上昇していますね。

営業キャッシュフローマージンは48.44%で、前々回決算時の28.60%から急激に伸びています!

DSP市場の拡大にあわせて、Trade Deskも高成長を維持できそうです。

Trade Deskの株価チャート

Trade Deskは、コロナショック後に大きく株価が上昇した反動で、今年1月からは下降トレンドに入っています。

Appleがプライバシー保護を目的としたアップデートをすると発表したことも、株価下落の要因となっているようです。

これに対してTrade DeskのCEOは『自社に与える影響は限定的で、重大な影響は与えない』とコメントを発表しており、株価も$600を底にして反転していきそうですね!

⑤ ドキュサイン(DOCU)

Docusignのホームページ

続いてご紹介する米国のおすすめ成長株は『DocuSign, Inc.(DOCU)』です!

DocuSignは電子署名サービスを提供している企業で、市場シェアは7割を超えており業界トップを走っています。

コロナ禍で在宅ワークが普及したことで電子署名の需要が高まり、DocuSignのサービスが一気に注目されるようになりました。

【売上高成長率】
【EPS】
【営業キャッシュフロー】

DocuSignは2018年4月に上場し、それ以降は順調に売上高を拡大してきました。

直近の売上高成長率は50%をこえており、営業キャッシュフローも着実に伸びていますね!

営業キャッシュフローマージンは21.60%で、こちらも米国株の平均値を2倍程度上回っています。

ほぼ独占的なシェアを握っていることもあり急成長は期待できそうにありませんが、安定的・継続的な事業拡大が予想できますね。

DocuSignの株価チャート

DocuSignの株価は、今年3月に200日の移動平均線を割り込みました。

チャートを見ると、この200日の移動平均線と$200ドルのラインで下げ止まっているように見えます。

出来高の少なさが気になりますが、ふたたび決算発表等で注目が集まれば、2020年9月の高値ブレイクも十分期待できそうですね!

⑥ スクエア(SQ)

Squareのホームページ

続いてご紹介する米国のおすすめ成長株は『Square, Inc.(SQ)』です!

Squareは、スモールビジネスの決済ソリューションや個人向け決済アプリ「キャッシュ・アップ」を展開しているフィンテック企業です。

Twitter社のCEOであるジャック・ドロシーが設立した会社で、とくに「キャッシュ・アップ」は利便性が高いことや仮想通貨への投資ができるといった理由で人気が高まっています。

【売上高成長率】
【EPS】
【営業キャッシュフロー】

Squareは2015年11月に上場した銘柄で、これまでも平均して30~40%程度の売上高成長率を保ってきました。

しかし、コロナの影響もあってSquareの売上高成長率は2期連続で+140%と、恐ろしいほどの伸びを見せていますね!

スモールビジネス市場の拡大や、個人投資家の増加によるキャッシュ・アプリ事業の急成長が大きく寄与したようです。

この流れはアフターコロナ後も大きくは変わらないと思われるので、ここまでの急成長は維持できないとしても、引き続き安定した事業拡大が期待されます。

Squareの株価チャート

Squareの株価は、今年3月に200日の移動平均線と$200のラインを試したあと、急回復しています。

かの成長株よりも回復のスピードが速いため、投資家の期待の大きさがよく分かりますね。

出来高をともなって上昇していることからも、安心して買っていけそうな銘柄です!

⑦ ファイバー・インターナショナル(FVRR) 

Fiverrのホームページ

続いてご紹介する米国のおすすめ成長株は『Fiverr International Ltd.(FVRR)』です!

Fiverr(ファイバー)は、世界160ヶ国でフリーランスワーカー向けのマーケットプレイスを展開している企業です。

日本でいうとクラウドワークスやランサーズに似た企業で、コロナ禍による在宅ワークの普及でサービスが人気化しています。

【売上高成長率】
【EPS】
【営業キャッシュフロー】

Fiverrは2019年6月に上場して以降、これまでの決算発表で一度もガイダンスを下回ったことのない銘柄です。

売上高成長率は3期連続で80%を超えており、EPSと営業キャッシュフローも順調に成長していますね!

営業キャッシュフローマージンは9%程度で、米国株の平均値をすこしだけ下回っています。

一方で売上高が急拡大していることからも、営業キャッシュフローマージンはいずれ改善されていくことが予想されます。

Fiverrの株価推移

Fiverrの株価は、今年2月に$340付近まで上昇しました。

しかしその後は調整局面が続き、一時は半値近い$180付近まで下落しています。

一方で、株価は200日の移動平均線で下げ止まっていることからも、今後は反転上昇に期待が持てそうですね!

⑧ ピンタレスト(PINS) 

Pinterestのホームページ

続いてご紹介する米国のおすすめ成長株は『Pinterest, Inc.(PINS)』です!

Pinterestは、米国のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)企業です。

ユーザーが興味のあるテーマや趣味の写真・動画をアップロードして共有できるサービスで、広告収入が主な収益源となっています。

【売上高成長率】
【EPS】
【営業キャッシュフロー】

Pinterestは、2019年4月に上場した企業です。

直近の決算では、世界の月間アクティブユーザー数が前年同期比+37%の、4億5,900万人に達したと発表しました!

売上高成長率は76.45%で、営業キャッシュフローも大きく伸びています。

さらにPinterestは今年、ショッピング機能サービスの追加も発表しているので、ユーザー数と収益源の増加によって更なる成長が期待できそうです。

Pinterestの株価チャート

Pinterestの株価は、今年3月に一時$60ドル付近まで下落したものの、そのあとは急回復を見せています。

2月につけた$90の高値も、まもなくブレイクしそうな勢いです。

新高値となれば値動きは軽くなるので、今後はさらなる株価の上昇が期待できそうですね!

⑨ ロク(ROKU)

Rokuのホームページ

続いてご紹介する米国のおすすめ成長株は『Roku, Inc.(ROKU)』です!

Rokuは、テレビ番組や映画のストリーミング・サービス、またスポーツ・音楽・ニュースなどのコンテンツを配信するプラットフォームを提供している企業です。

広告収入をおもな収益源としており、直近のユーザー数は前年同期比+39%の5,120万人と発表がありました。

【売上高成長率】
【EPS】
【営業キャッシュフロー】

Rokuは2017年9月に上場した銘柄で、上場後は30%以上の売上高成長率をキープしています。

2020年以降は営業キャッシュフローも急拡大しており、直近四半期の営業キャッシュフローマージンは8.33%となっています!

近年のストリーミング市場は、Netflixの台頭もあって大きく伸びています。

一方でRokuもプラットフォームを持っており、また専用の端末も販売していることから、今後Netflixに勝るような成長が期待されています。

Rokuの株価チャート

Rokuの株価は、今年3月に$300付近まで下落しました。

一方で株価の下落は200日の移動平均線でしっかり止まっており、最近は上昇に転じています。

今後、50日の移動平均線を超えてくることがあれば、より安心して買っていくことができそうですね!

⑩ ズーム・インフォ(ZI) 

Zoominfoのホームページ

最後にご紹介する米国のおすすめ成長株は『ZoomInfo Technologies Inc.(ZI)』です!

ZoomInfoは、おもに営業・マーケティング・人材発掘・顧客開拓などに必要なソリューションを提供しているSaaS企業です。

とりわけ営業に関するソリューションサービスに独自の強みを持っており、ターゲットとする市場が非常に大きいのが特徴です。

【売上高成長率】
【EPS】
【営業キャッシュフロー】

ZoomInfoは、2020年6月に上場したばかりの企業です。

これまでの決算発表では、一度もガイダンスを下回ったことのない優良銘柄でもあります。

売上高成長率は50%以上を保っており、上場して間もないにもかかわらずEPSはすでに黒字化していますね!

営業キャッシュフローも順調に伸びており、営業キャッシュフローマージンは驚異の47.89%です。

ZoomInfoの株価チャート

ZoomInfoの株価は現状、上場してすぐにつけた$64の高値を超えられずにいます。

まだ上場したばかりの会社であるため、マーケットは「この成長率は続くのか? この決算の内容を本当に信じて良いのか?」と懐疑的なようです。

今後の決算発表の内容によってはテンバガーの可能性も秘めているので、とくに注目しておきたい銘柄の1つですね!

【まとめ】米国の成長株おすすめ10銘柄

米国の成長株おすすめ10選、いかがでしたでしょうか?

すでに知っている銘柄もあれば、知らなった銘柄もあったと思います。

銘柄選びの参考にして頂き、投資される際はぜひご自身でもしっかり調べてみてくださいね!

>>【2021年最新版】米国株のおすすめ銘柄を7記事でご紹介【体験談】

「ほかにもいろんな個別株を見てみたいな~」という方は、上の記事をどうぞ。

それでは、米国の成長株おすすめ10選を改めて振り返っておきます!

米国の成長株おすすめ10銘柄
  1. ズーム(ZM)
  2. クラウド・ストライク(CRWD)
  3. オクタ(OKTA)
  4. トレード・デスク(TTD)
  5. ドキュサイン(DOCU)
  6. スクエア(SQ) 
  7. ファイバー・インターナショナル(FVRR)
  8. ピンタレスト(PINS)
  9. ロク(ROKU)
  10. ズーム・インフォ(ZI)

米国株については、他の記事でもテーマごとにまとめています。

米国株に投資している方は、ぜひ下の関連記事も参考にしてみてくださいね。

それでは、本日は以上です!

【関連記事】【2021年最新版】米国株初心者におすすめの銘柄10選【体験談】

【関連記事】【2021年最新版】米国株のテンバガー候補10銘柄【体験談】

【関連記事】【2021年最新版】米国株の高配当ポートフォリオ10銘柄【安全】

【関連記事】【2021年最新版】米国の連続増配当株おすすめ10銘柄【体験談】

【関連記事】【2021年最新版】米国株のETFおすすめ10選【体験談】

【関連記事】【2021年最新版】米国株投資におすすめの証券会社5選【体験談】

【関連記事】【2021年最新版】米国株投資の初心者におすすめの本5選【体験談】

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる