【2021年最新版】株式投資の初心者におすすめの本10選【体験談】

悩んでいる人

株式投資を始めたばかりの初心者です。株式投資で利益を出していくために、もっと勉強が必要だなと思い始めました。株式投資の初心者におすすめの書籍を教えてください!

こういった疑問を解決します。

この記事は『株式投資を始めたばかりなので、株の勉強をするのにおすすめの本をまとめて知りたいです!』という方向けです。

実際に私も『株式投資についてまだまだ知識が足りないから本を読みたいけど、種類も多いしどれを読んだらいいか分からないな…』と、株を始めたばかりの時に悩んでいた経験があります。

今回は専業トレーダーである私が、実際に読んで役に立った『株式投資の初心者におすすめの本』を10冊ご紹介します!

この記事の内容

・株式投資の初心者におすすめの本を10冊ご紹介

・実際に本を読んだ私の感想も合わせてご紹介

・実際に購入した本の活用術も解説

この記事を書いている人

私は2020年8月に会社を退職し、現在は専業トレーダーとして生活しています。

株式投資歴は4年で、現在は約1,000万円を運用しています。

本記事を読むことで『株の勉強はこれで十分だ!』という本を10冊知ることができ、さっそく利益につながるようになるので、ぜひ最後までお読みください。

それでは始めましょう!

目次

株式投資の初心者におすすめの本10選

『株式投資の初心者におすすめの本10選』をご紹介していきます。

序盤は基礎的な知識を解説してくれている書籍を紹介し、後半になるにつれてより実践的・本質的な書籍になっていきますよ!

① めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ダイヤモンドザイが作った「株」入門

まず最初にご紹介するのは『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ダイヤモンドザイが作った「株」入門』です。

この本は私が株式投資を始めたときに一番最初に読んだ本であり、『一番最初に読んで本当に良かった』とも思っている一冊です。

なぜなら、この本には株式投資の基礎知識がすべて詰まっているからです。

本書を読んだ感想

・株式投資をしていく上で必須の単語を分かりやすく解説してくれている。

・テクニカル分析やファンダメンタル分析の解説も分かりやすい。

・株式投資を始めたばかりの方は、絶対に読んでおくべき一冊だと思う。

『まだまだ株式投資を始めたばかりだし、基礎の基礎から学びたいな~』という方は、まずこの一冊から読んでみることをおすすめします!

② 世界一やさしい株の教科書 1年生

続いてご紹介するのは『世界一やさしい株の教科書 1年生』です。

この本は名前の通り『株の教科書』で、①でご紹介した書籍と同じくらい株の基礎の基礎を解説してくれています。

私は株式投資を始めて数ヶ月たったときにこの本を購入して読んでみたのですが、非常に多くの気づきを得ることができ、初心者を脱する手助けをしてもらったと思っています。

本書を読んだ感想

・文字通り株の教科書で、株式投資における必要最低限の知識が身につく。

・テクニカル分析(チャート分析)の内容等は、少し踏み込んだ内容が書かれていて参考になる。

・株式投資を始めて数ヶ月経った人も、新たな気づきを得られるかもしれないのでおすすめ。

これから株式投資を始める人も、すでに始めてある程度時間がたったという人も、一読する価値のある『株の教科書』ですよ!

③ 世界のお金持ちが実践するお金の増やし方

続いてご紹介するのは『世界のお金持ちが実践するお金の増やし方』です。

この本は、もともとニューヨークのウォール街にある投資銀行で働いていた経験のある、高橋ダンさんが書かれた書籍です。

高橋ダンさんはYoutuberで、チャンネル登録者数はなんと50万人を超えています!

Youtubeでは、毎日世界の経済ニュースや株価の動向をわかりやすく解説してくれていますよ。

本書を読んだ感想

・株式投資も含めた『お金の増やし方』にフォーカスを当てている。

・ポートフォリオの組み方やテクニカル分析の方法など、内容がとても実践的。

・内容は実践的だが、説明はとても分かりやすく理解しやすい。

『世界のお金持ち達はどんな投資の仕方をしているんだろう?』と気になる方は、ぜひ本書を手に取って読んでみてくださいね!

④ お金は寝かせて増やしなさい

続いてご紹介するのは『お金は寝かせて増やしなさい』です。

株式投資のやり方は人それぞれですが、特に本書では『インデックス投資』という低リスクな投資手法を解説してくれています。

本書を読んだ感想

・株式投資を通して、できるだけリスク無くお金を増やす方法が解説されている。

・株式投資の初心者という方は、本書で解説されているインデックス投資から始めてみるのもアリ。

・投資系の書籍には珍しく『出口戦略』もまとめて解説されている。

『なるべくリスクを抑えて資産運用をしていきたい!』という投資初心者の方には、とてもおすすめな一冊です!

⑤ 今だからこそ始める! 本気で稼ぐ株式投資の教科書

続いてご紹介するのは『今だからこそ始める! 本気で稼ぐ株式投資の教科書』です。

本書は、Twitterで5.5万人以上のフォロワーを抱えるたりたり社長が書かれた一冊です。

本書を読んだ感想

・個別株への投資を始める方法が、ステップ別に分かりやすく解説されている。

・『この企業は将来伸びるのか?株価は上がるのか?』という点を見極められるようになる。

・ファンダメンタル分析の基礎を習得できる一冊。

『これから個別株投資で利益を出していきたい!』という方は、まずは本書からスタートしてみることをおすすめします!

⑥ 世界一楽しい決算書の読み方

続いてご紹介するのは『世界一楽しい決算書の読み方』です!

この本では、ファンダメンタル分析に欠かせない『財務諸表の読み方』を解説してくれている本です。

特に個別株に投資していくなら、財務諸表を読み解く能力は必要不可欠です。

本書では、財務諸表から見える企業の強みや弱みの分析方法まで解説してくれているので、銘柄分析に役立つ知識が間違いなく身につきます。

本書を読んだ感想

・財務諸表の基本的な読み方が分かりやすく解説されている。

・クイズ形式になっているので、財務諸表の読み方を楽しく学ぶことができる。

・財務諸表に勝手に苦手意識を持っている方に特におすすめ。

『財務諸表と聞くだけで苦手意識を持ってしまう…』という方でも、本書は絶対に挫折しないような内容になっていますよ!

⑦ 株を買うなら最低限知っておきたいファンダメンタル投資の教科書

続いてご紹介するのは『株を買うなら最低限知っておきたいファンダメンタル投資の教科書』です。

この本では、株式投資には絶対に必要な『ファンダメンタル分析』に絞って解説がされています。

本書を読んだ感想

・『ファンダメンタル分析の基礎知識』はこの一冊を読めばOK。

・分析方法の実例がいくつも掲載されているので、まったくの初心者でも理解しやすい。

・この本を読めば『フィーリング』や『なんとなく』で投資するのをやめられる。

『ファンダメンタル分析の知識がまだまだ少ないな…』と思われる方は、絶対に本書だけは読んでおきましょう!

⑧ 株を買うなら最低限知っておきたい株価チャートの教科書

続いてご紹介するのは『株を買うなら最低限知っておきたい株価チャートの教科書』です。

この本では、テクニカル分析(=チャート分析)の基礎知識が、株式投資の初心者にも分かりやすく解説されています。

テクニカル分析は、ファンダメンタル分析と並んで絶対に身に付けておくべき投資スキルの1つです。

なぜなら、ファンダメンタル分析にテクニカル分析を組み合わせることで、さらに勝率を高めることができるからです。

本書を読んだ感想

・テクニカル分析(チャート分析)の基礎知識は、この一冊を読んでおけば身につく。

・クイズも付いているので、株価チャートについてゲーム感覚で学べる。

・『買い』や『売り』のタイミング等、より実践的な内容も解説されている。

⑦でご紹介した『株を買うなら最低限知っておきたいファンダメンタル投資の教科書』とはセットの書籍になるので、合わせて読んでみることをおすすめしますよ!

⑨ オニールの成長株発掘法

続いてご紹介するのは『オニールの成長株発掘法』です。

はっきり言って、本書に書かれている内容は結構レベルが高いです。

学術書のような本ですが、この本の内容を理解できれば、間違いなく投資家としてのレベルが数段階上がります。

本書を読んだ感想

・ファンダメンタル分析とテクニカル分析を組み合わせた投資法を解説している『伝説の名著』。

・これから株価が上がりそうな銘柄を探す方法が、いくつもの例を挙げながら解説されている。

・株の買い時や売り時、エントリーポイントから損切ラインの設定方法まで、かなり実践的な内容も説明されている。

ページ数が多く値段も決して安くはないですが、『本気で相場で勝ち残っていきたい!』という方は、絶対に読むべき一冊になっています!

⑩ デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術

最後にご紹介するのは『デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術』です。

この本は、主に投資家としてのマインド面について解説している書籍です。

私のバイブル的一冊で、投資家なら必読の本だと思っています。

本書を読んだ感想

・死ぬまで心に留めておくべき『マーケットで生き残るための考え方』が解説されている。

・マーケットにおいて、失敗をどのように成功に変えていくかが説明されいる。

・株式投資で利益が出ないと悩んでいるときは、本書に立ち返って自分の心と向き合うのがおすすめ。

株式投資で最も大切なのは、結局のところ『メンタル』です。

ぜひこの本を読んで『一流の投資家としてのマインド』を頭にインストールしてくださいね!

株初心者向けの本の活用術

ここまで、株式投資の初心者におすすめの本を10冊ご紹介してきました。

続いて、実際に読んだ本をどのように投資に活かすべきなのか、活用術を解説しておきます!

  1. ノウハウコレクターにならない
  2. 実際に株式投資をしてみる
  3. 自分なりの投資手法を確立する

それぞれ、順番に見ていきましょう。

① ノウハウコレクターにならない

まずはじめに、本を読んだときの注意点を1つだけご紹介しておきます。

それは「ノウハウコレクターにならないようにする」ということです!

株式投資について書かれた本には、実際に投資で成功されている方の「ノウハウ」がたくさん詰め込まれています。しかし、多くの人がそのノウハウを読んだだけで投資について分かった気になってしまいます。

ノウハウを習得しただけで何もアクションを起こさないと、せっかく買った本が無駄になってしまいます。本を買うのと同時に、今すぐにアクションを起こしましょう!

② 実際に株式投資をしてみる

では「アクションを起こす」とは、具体的にどんなことをすればよいのでしょうか?

それは「身銭を切って投資する」ことです。なぜなら、投資が上達するコツは本を読むことではなく、自分のお金を使って実際に投資してみることだからです。

本を買ったら、かならず一緒に証券口座も開設しておきましょう。

なお下の記事では、専業投資家としてこれまで計14個の口座を作ったことのある私が、本音でおすすめできる証券口座だけを厳選してそれぞれ5つご紹介しています。

実際に投資してみないことには利益はでません。さっそく口座開設して本に書いてあるような銘柄に投資をしてみましょう!

③ 自分なりの投資手法を確立する

最初は、本に書いてあるような銘柄だったり手法だったりを真似しながら投資してみればOKです。

すると、投資をしていくなかで「この投資の仕方が自分に合ってるな」とか「このやり方だとあんまり利益って出ないんだな」と分かるようになってきます。

そういった経験をとおして、自分に合った投資手法を確立していきましょう。

投資は、集めたノウハウを短期間のうちに「あっちもこっちも」と試したところで利益はでません。「これだ!」と思ったものを信じて、自分に合ったやり方でコツコツ投資を続けていきましょうね!

まとめ:株式投資の初心者におすすめの本10選

株式投資の初心者におすすめの本10選、いかがでしたでしょうか?

どの本も、すべて今の私を形作っているおすすめの書籍です。

気になったものがあれば、ぜひ手に取って読み進めてみてくださいね!

それでは、改めて今回ご紹介したおすすめの書籍10選を振り返っておきましょう。

以上になります。

投資するべき具体的な銘柄を知りたいという方は、続けて下の関連記事も読んでみてくださいね。

それでは、本日は以上です!

【関連記事】【2021年最新版】米国株のおすすめ銘柄を7記事でご紹介【体験談】

【関連記事】【2021年最新版】日本株のおすすめ銘柄を5記事でご紹介【完全版】

【関連記事】【2021年最新版】米国株投資の初心者におすすめの本5選【体験談】

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる