【2021年最新版】米国株の高配当ポートフォリオ10銘柄【安全】

悩んでいる人困っている人
米国株のなかで、配当利回りが高い銘柄のみでポートフォリオを組みたいと思っています。米国株でおすすめの高配当株を教えてください!
 
こういった疑問を解決します。
 

この記事は『米国株のなかでも配当利回りが高い銘柄だけに投資したいな』と思っている方向けです。
 
実際に私も、米国の高配当株に投資する前は『配当金生活を目指すために、配当利回りの高い安定的な銘柄だけでポートフォリオを組みたいな』と思っていた経験があります。
 
今回は、専業投資家として投資収益のみで生活している私が『米国株の高配当ポートフォリオ10銘柄』を完全解説します!
 
この記事の内容

・米国株のおすすめ高配当ポートフォリオ10銘柄をご紹介

・各銘柄の最新の配当利回りや配当支払い月、現在のチャートまでをまとめて解説

 
✅この記事を書いている人

私は専業の投資家で、現在は投資の収益のみで生活しています。

投資歴は3年以上で、現在は約1,000万円を運用しています。

 
本記事を読むことで『とりあえずこの10銘柄に投資してポートフォリオを組めば間違いなし!』という高配当株を10銘柄を知ることができるので、ぜひ最後までお読みください。
 
それでは始めましょう!

 

米国株の高配当ポートフォリオ10銘柄

 

さっそくおすすめの『米国株の高配当ポートフォリオ10銘柄』をご紹介していきますね!

 

今回ご紹介するのは、以下の10銘柄になります。

 

① AT&T(T)

② シスコシステムズ(CSCO)

③ アライアント・エナジー(LNT)

④ パターソン・デンタル(PDCO)

⑤ シチズンズ・フィナンシャル・グループ(CFG)

⑥ ダウ・ケミカル(DOW)

⑦ インターパブリック・グループ(IPG)

⑧ ホーリー・フロンティア(HFC)

⑨ ニューウェル・ブランズ(NWL)

⑩ ウォルグリーン(WBA)

 

それぞれ、順番に見ていきます!
 
(※ご紹介している銘柄については、すべて楽天証券の情報を参考にしています。)

 

① AT&T(T)

まず最初にご紹介する米国の高配当銘柄は『AT&T』です!

 

ティッカーT
配当利回り6.97%
配当支払い月
 2月・5月・8月・11月
株価 29.99ドル
必要投資額 約3,300円

 

AT&Tは、携帯電話やインターネット接続・メディア事業などを幅広く手がける、世界最大の通信事業者です。

 

アメリカの時価総額上位500社で構成されるS&P500指数に採用されている銘柄で、配当利回りは米国株のなかでもトップレベルの約7%となっています!

 

2021年についても配当性向50%以上を予定しており、株主還元にとても力をいれている企業です。

 

AT&Tの株価チャート

 

AT&Tの株価は、2020年2~3月のコロナショックによって大きく下落しました。

 

その後、株価は1年以上も26ドルから32ドルの狭いレンジ内で推移している状態です。

 

とにかく安定的に配当金を支払ってくれる株に投資したいなら、AT&Tは外せない銘柄ですね!

 

② シスコ・システムズ(CSCO)

続いてご紹介する米国の高配当銘柄は『シスコ・システムズ』です!

 

ティッカー

CSCO
配当利回り 3.12%
配当支払い月 1月・4月・7月・10月
株価47.51ドル
必要投資額 約5,200円

 

シスコ・システムズは、コンピューターネットワーク機器開発の世界最大手企業です。

 

同社のシステムは、日本の学校や企業・病院などのセキュリティ強化、ビデオ会議の環境整備、Wi-Fiの通信管理などに利用されています!

 

配当利回りは3.12%で、さらに11年連続して増配当を続けている銘柄です。

 

シスコシステムズの株価チャート

 

シスコ・システムズの株価は、コロナショック前の水準を大きく上回っています。

 

2021年2月に発表した四半期決算では、売上高・1株利益(EPS)ともに市場予測を上回る増収増益を達成しました。

 

配当によるインカムゲインはもちろん、株価の値上がり益であるキャピタルゲインも狙える株として、投資しておきたい銘柄ですね!

 

③ アライアント・エナジー(LNT)

続いてご紹介する銘柄は『アライアント・エナジー』です!

 

ティッカーLNT
配当利回り3.24%
配当支払い月
 2月・5月・8月・11月
株価 49.71ドル
必要投資額約5,400円

 

アライアント・エナジーは、ウィスコンシン州に本社を置く電気・ガス事業を展開している企業です。

 

CO2削減に向けて、2040年までに約59億ドルの設備投資を計画するなど、近年ではクリーンエネルギー事業にも力を入れています。

 

配当利回りは3.24%で、電気やガスといった必要不可欠なインフラ事業を展開していることから、今後も高配当を維持してくれるでしょう!

 

アライアント・エナジーの株価チャート

 

アライアント・エナジーの株価は、コロナ前の高値である60ドルに向けて上昇を続けています。

 

2017年以降は、1株利益(EPS)も毎年6~7%ほど増加するなど、今後も安定した成長が見込まれます。

 

また、14年連続増配当中の銘柄でもあるので、長期的に投資するなら必ずポートフォリオに組み入れておきたい銘柄ですね!

 

④ パターソン・デンタル(PDCO)

続いてご紹介する米国の高配当銘柄は『パターソン・デンタル』です!

 

ティッカーPDCO
配当利回り3.32%
配当支払い月

 1月・4月・7月・10月

株価31.34ドル
必要投資額約3,400円

 

パターソン・デンタルは、動物用の医療品販売や獣医用CTスキャンなどの販売事業を手がけている企業です。

 

アメリカでの売上が全体の約8割を占めており、国外ではイギリスやカナダでも事業を展開しています。

 

配当利回りは3.32%で、コロナショックによって同社の株価が大きく下落したときも配当水準を維持するなど、株主重視の姿勢を崩していません!

 

パターソンの株価チャート

 

パターソン・デンタルの株価は、コロナ前に比べて1.5倍近くにまで上昇しています。

 

新型コロナの蔓延により在宅での時間が増えたことから、ペットを飼う家庭の数も非常に増えました。

 

動物用の医療品需要は決してなくなることはないので、今後も高い配当利回りと安定した事業運営を維持してくれるでしょう!

 

⑤ シチズンズ・フィナンシャル・グループ(CFG)

続いてご紹介する米国の高配当銘柄は『シチズンズ・フィナンシャル・グループ』です!

 

ティッカーCFG
配当利回り3.40%
配当支払い月
2月・5月・8月・11月
株価 45.87ドル
必要投資額 約5,000円

 

シチズンズ・フィナンシャル・グループは、アメリカの大手金融機関です。

 

総資産はアメリカ国内で第13位、預金量はアメリカ国内で第12位という規模を誇っています。

 

配当利回りは3.4%で、さらに直近の決算では売上・1株利益(EPS)ともに市場予想を上回っており、さらなる増配当もあるのではないかと期待されています!

 

シチズンズ・フィナンシャル・グループの株価チャート

 

シチズンズ・フィナンシャル・グループの株価は、2021年に入ってやっとコロナ前の水準を回復しました。

 

直近では、アメリカの長期金利の上昇に釣られるかたちで、同社の株価も右肩上がりに上昇しています。

 

アメリカ政府の経済政策によって住宅や投資に資金が流入しており、今後はキャピタルゲインを狙える銘柄としても注目が集まりそうです!

 

⑥ ダウ・ケミカル(DOW)

続いてご紹介する米国の高配当銘柄は『ダウ・ケミカル』です!

 

ティッカーDOW
配当利回り

4.34%

配当支払い月

3月・6月・9月・12月

株価 63.59ドル
必要投資額約7,100円

 

ダウ・ケミカルは、ミシガン州に本社を置く世界最大級の素材・化学メーカーです。

 

2019年に3つの会社に分割されましたが、それでも巨大企業であることは変わらず、NYダウやS&P500などの名だたる主要指数に採用されています。

 

配当利回りは4.34%で、底堅い業績を背景に高配当をかなり長い期間維持しています!

 

ダウの株価チャート

 

ダウ・ケミカルの株価は、コロナ前の水準と会社分割後の高値を大きく上回って推移しています。

 

直近では、ポリエチレンやポリウレタンの需要が増加しており、景気回復に伴って同社の取り扱う製品の需要も高まっています。

 

高配当に加えてキャピタルゲインも狙えるなど、長期投資家なら絶対にポートフォリオに入れておきたい1銘柄です!

 

⑦ インターパブリック・グループ(IPG)

続いてご紹介する米国の高配当銘柄は『インターパブリック・グループ』です!

 

ティッカーIPG
配当利回り 3.66%
配当支払い月

 3月・6月・9月・12月

株価 29.48ドル
必要投資額約3,200円

 

インターパブリック・グループは、日本の電通とも肩を並べる世界有数の広告代理店です。

 

世界100ヶ国以上で広告関連事業を展開しており、50,000人以上の従業員を抱えています。

 

配当利回りは3.66%で、現在は9年連続で増配当を続けています!

 

インターパブリック・グループの株価チャート

 

インターパブリック・グループの株価は、すでにコロナ前の水準を大きく超えて推移しています。

 

コロナ禍でリストラを積極的におこなったことで、電通を含めた世界の大手広告代理店に比べていち早く株価が回復しました。

 

また、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスにも選出されており、ESGへの取り組み姿勢が評価されていることも株価上昇の要因になっているようです!

 

⑧ ホーリー・フロンティア(HFC)

続いてご紹介する米国の高配当銘柄は『ホーリー・フロンティア』です!

 

ティッカーHFC
配当利回り 3.78%
配当支払い月
3月・6月・9月・12月
株価36.99ドル
必要投資額 約4,100円

 

ホーリー・フロンティアは、テキサス州のダラスを拠点としているアメリカの大手石油精製企業です。

 

ガソリンやディーゼル油・ジェット燃料等を製造し、おもに米国南西部やメキシコ向けに販売しています。

 

配当利回りは3.78%で、一時的な業績の悪化により株価が下落していることから、配当利回りが高くなっています!

 

ホーリー・フロンティアの株価チャート

 

ホーリー・フロンティアの株価は、まだ2020年の高値を超えられていません。

 

直近は20~40ドルのレンジで推移しているものの、配当は2020年と同じ水準を保っています。

 

今後は再生可能エネルギー事業を拡大すると発表しているので、ESG投資への姿勢が評価されれば、株価の上昇も十分期待できるでしょう!

 

⑨ ニューウェル・ブランズ(NWL)

続いてご紹介する銘柄は『ニューウェル・ブランズ』です!

 

ティッカーNWL
配当利回り 3.38%
配当支払い月
3月・6月・9月・12月
株価 27.22ドル
必要投資額 約3,000円

 

ニューウェル・ブランズは、日用雑貨や家庭用品を製造・販売している世界有数の消費財企業です。

 

傘下には、高級筆記用具ブランドの「Parker」やアウトドア用品等を展開する「Coleman」・ベビー用品の「Graco」といった強力なブランドを抱えています。

 

配当利回りは3.38%で、コロナにより業績が厳しいなかでも、同水準の配当利回りを維持しています!

 

ニューウェル・ブランズの株価チャート

 

ニューウェル・ブランズの株価は、2020年のコロナショック前の水準を大きく超えて推移しています。

 

同社は、事業売却やオンラインショッピングへのシフトによって、2021年は売上高がコロナ前の水準まで回復する見通しであると発表しています。

 

業績回復によって株価がさらに上昇してしまう前に、今の株価水準のうちに仕込んでおくとよい銘柄の1つですね!

 

⑩ ウォルグリーン(WBA)

さいごにご紹介する米国の高配当銘柄は『ウォルグリーン』です!

 

ティッカーWBA
配当利回り

3.29%

配当支払い月

3月・6月・9月・12月

株価56.80ドル
必要投資額約6,200円

 

ウォルグリーンは、世界最大級のドラッグストアチェーンを展開している企業です。

 

圧倒的な店舗数が特徴で、アメリカ国内では高い知名度を誇っています。

 

配当利回りは3.29%で、現在は45年連続で増配当を続けています!

 

ウォルグリーンの株価チャート

 

ウォルグリーンの株価は、まだ2020年につけた高値を超えられていません。

 

一方で、直近では医薬品の卸売部門を売却し、経営資源の選択と集中を進めています。

 

45年連続増配中の銘柄であり、今後はさらなる業績の回復も期待できることから、ポートフォリオに必ず組み入れておきたい銘柄の1つですね!

 

まとめ:米国株の高配当ポートフォリオ10銘柄

米国株の高配当ポートフォリオ10銘柄、いかがでしたでしょうか?

 

米国株は、日本株にくらべて高配当株がたくさんあります。

 

今回の記事を参考して、ぜひ自分だけの高配当ポートフォリオを作り上げてみてくださいね!

 

それでは、米国株の高配当ポートフォリオ10銘柄を改めて振り返っておきしょう。

 

① AT&T(T)

② シスコシステムズ(CSCO)

③ アライアント・エナジー(LNT)

④ パターソン・デンタル(PDCO)

⑤ シチズンズ・フィナンシャル・グループ(CFG)

⑥ ダウ・ケミカル(DOW)

⑦ インターパブリック・グループ(IPG)

⑧ ホーリー・フロンティア(HFC)

⑨ ニューウェル・ブランズ(NWL)

⑩ ウォルグリーン(WBA)

 

米国株については、他の記事でもテーマごとにまとめています。

 

米国株に投資している方は、ぜひ下の関連記事も参考にしてみてくださいね。

 

それでは、本日は以上です!

 

【関連記事】【2021年最新版】米国のETFおすすめ10本【体験談】

 

【関連記事】【2021年最新版】米国のバリュー株おすすめ10銘柄【安全】

 

【関連記事】【2021年最新版】米国の成長株おすすめ10銘柄【体験談】

 

【関連記事】【2021年最新版】米国株のテンバガー候補10銘柄【体験談】

 

【関連記事】【2021年最新版】米国株投資の初心者におすすめの本5選【体験談】

株価が上がりやすい銘柄の特徴についてまとめたレポートを無料で提供しています。

無料レポート:勝ち組投資家の常識
株価が上がりやすい銘柄の選び方

「買った銘柄の株価がなかなか上がらない…」と悩んでいませんか?実は、資産を大きく増やしたことのある投資家なら “必ず” 知っている銘柄の選び方があります。

① 株価が上がりやすい銘柄の比較
② 株価が上がりやすい銘柄の8つの共通点
③ 株価が上がりやすい銘柄を探すための7つのヒント

などなど、今すぐに役立つ内容になっているので、株に投資している方はご活用ください。

無料PDFレポート