【2021年最新版】米国株のテンバガー候補10銘柄【体験談】

\限定の銘柄情報を発信中!/

悩んでいる人

「テンバガーになるような銘柄に一度でいいから投資してみたい!」

「どんな米国株の銘柄にテンバガーの可能性があるんだろう?」

「テンバガー候補の銘柄をまとめて知りたいな」

こういった疑問を解決します。

アメリカの証券取引所には約4,200銘柄が上場しているので、その中から株価が数倍~テンバガーになるような銘柄を見つけるのは至難の技です。

私はこれまで株価が数倍になる銘柄にいくつも投資することができたので、結果的に現在は専業の投資家として生活することができています。

そこでこの記事では、そんな私がピックアップした「これからテンバガーになる可能性の高い米国株10銘柄」をまとめてご紹介します!

✅ この記事の内容

・米国株のテンバガー候補10銘柄をまとめてご紹介

・各銘柄の最新の決算や株価の情報も記載

この記事を書いている人

私は専業の投資家で、普段は投資の収益だけで生計を立てています。

投資歴は3年以上で、現在は約1,000万円を運用しています。

本記事を読むことで具体的なテンバガー候補の銘柄名を知ることができ、あなたの資産を大きく増やしてくれる可能性があるので、ぜひ最後までお読みください。

それでは始めましょう!

本記事を最後まで読んでくださったあなたに、「無料のプレゼント」をご用意しています!

目次

米国株のテンバガー候補10銘柄

今回ご紹介する銘柄は、米国のNASDAQ市場に上場している銘柄を中心に選びました。

テンバガー(10倍株)候補の銘柄は『成長株(グロース株)』とも呼ばれ、株価は数年先の利益を織り込んで上がっていくため割高になりがちです。

そのため、バリュー株などと比べると株価が乱高下しやすいので、その点には注意しながら投資の参考にしてみてくださいね!

10銘柄について、それぞれ順番に解説していきます!

(※ご紹介している銘柄については、すべて楽天証券の情報を参考にしています。)

① ショッピファイ(SHOP)

ショッピファイのホームページ

まず最初にご紹介する米国株のテンバガー候補銘柄は『ショッピファイ(SHOP)』です!

ショッピファイは「第2のAmazon」や「Amazonキラー」と呼ばれている成長株で、ECプラットフォーム「Shopify」を提供している企業です。

「Shopify」を使うことで、服や小物などを販売するお店は簡単に自社サイトを作ることができるため、スモールビジネスを展開する個人を中心に人気を集めています。

ショッピファイの業績推移は、下の写真のとおりです。

2016年12月期の売上高が約390百万ドルだったのに対して、2020年12月期の売上高は約2,930百万ドルとなっており、なんとこの5年間で7倍以上も成長していますね!

さらに、直近発表の2021年12月期の売上高予想は4,634.46百万ドルで前年比約60%のプラス、営業利益に至っては前年比で約4倍の予想となっています。

主戦場である米国ではいまやAmazonに次ぐ第2位の流通総額ではあるものの、一方で時価総額はAmazonの10分の1程度です。

このペースで成長していけば、数年後にはAmazonと肩を並べるくらいの企業になりそうなので、将来がとても楽しみな銘柄です。

ショッピファイの株価は、2021年の2月につけた1,500ドルの高値から調整を経て、6月には高値を更新しました。

その後の決算発表でさらに上昇し、一時は1,650ドル台まで乗せる展開となっています。

今の位置からもテンバガーの可能性は十分に秘めているので、「買って数年放置」してみるのが良いかもしれません!

② ニオ(NIO)

ニオのホームページ

続いてご紹介する米国株のテンバガー候補銘柄は『ニオ(NIO)』です!

ニオは「第2のテスラ」との呼び声が高い、中国の電気自動車(EV)を販売している企業です。

株式の半数をドイツの自動車メーカーであるVW(フォルクス・ワーゲン)が保有しており、同社から技術者も派遣されているため技術レベルの高さに定評があります。

ニオのEVが実際に販売され始めたのは2018年からです。

その当時の売上高と2021年12月期の売上高をくらべると、7倍以上も成長しています!

2020年12月期の売上高と2021年12月期の売上高を比べてみても2倍以上の売上高を誇り、その成長スピードの速さがうかがえます。

まだ営業利益や当期純利益は赤字ですが、黒字転換するのも時間の問題ですね!

ニオの株価は、昨年バイデン大統領の当選を機に安値からは約12倍にまで暴騰しました。

直近の株価を見てみると、年始につけた68ドル付近の高値からは、半値ほどまで調整している形となっています。

これから電気自動車の大量生産と黒字化を目指す企業ですので、この位置からでも十分テンバガーになる可能性はありそうですね!

③ アファーム・ホールディングス(AFRM)

アファーム・ホールディングスのホームページ

続いてご紹介する米国株のテンバガー候補銘柄は『アファーム・ホールディングス(AFRM)』です!

アファーム・ホールディングスは、2012年にPayPalの共同創業者であるマックス・レブチンが設立した会社で、ネット消費者向けの後払い決済サービスを提供しています。

あらゆるものを後払い且つ低金利で購入できるのが特徴で、さらに返済の方法も選ぶことが可能です。

アファーム・ホールディングスの業績推移

アファーム・ホールディングスは、今年1月にNASDAQに上場したばかりです。

業績は2019年からしか公表されていませんが、当時は約265百万ドルだった売上高が、翌年の2020年には約478百万ドルと倍増しています。

さらに、2021年の売上高も約834百万ドルと、これまた1.5倍以上の高成長を予想しています!

アファーム・ホールディングスの株価チャート

アファーム・ホールディングスの株価は、話題性もあったことから上場直後には140ドルを大きく超える場面もありました。

直近の株価は50~70ドル台をいったりきたりしていましたが、8月27日引け後にAmazonとの提携を発表したことで注目を集めています。

元々ショッピファイとの独占契約をしていたアファームですが、Amazonとも提携をすることで、米国内でのECには欠かせないサービスの一つになりそうです。

今後もテンバガー候補として、目が離せない銘柄の1つですね!

④ コンテキスト・ロジック(WISH)

コンテクスト・ロジックのホームページ

続いてご紹介する米国株のテンバガー候補銘柄は『コンテキスト・ロジック(WISH)』です!

コンテキスト・ロジックは、安さに特化したECサイト「WISH」を運営している企業で、全世界でのユーザー数はすでに1億人を超えています。

「WISH」は、ユーザーの検索履歴や購入履歴をもとにおすすめの商品がラインナップされるのが特徴で、特に若者を中心に人気があります。

コンテキスト・ロジックの売上高は、2016年12月期に445百万ドルだったのに対して2020年12月期には2,541百万ドルと、この5年間で約6倍近く成長しています。

先行投資を重視しているため現在は赤字ですが、初期のAmazonもそうであったように、ECサイトを展開する新興企業は黒字化しだすと一気に利益が伸びる傾向にあります。

2021年12月期の売上高は多少落ち込む予想となっていますが、今後の成長がとにかく楽しみな会社です!

コンテキスト・ロジックは2020年12月に上場したのですが、2021年1月に33ドルの高値をつけて以降、株価は調整を続けています。

直近の株価は高値から半値以下の6ドル台となっていますが、いったんは上場後の過熱感が落ち着いてきた、というところでしょう。

テンバガーを目指してそろそろ仕込みはじめても良いかもしれませんね!

⑤ データドッグ(DDOG)

続いてご紹介する米国株のテンバガー候補銘柄は『データドッグ(DDOG)』です!

データドッグは2019年10月に上場した、クラウドスケールのアプリ監視システムや動作環境の監視システムを展開している企業です。

インターネットのホームページやアプリの動作環境を監視し、問題が発生したときにはどこが原因なのかを素早く見つけ、解決に導くことができる技術を持っています。

データドッグの売上高は、2017年の100.76百万ドルから2020年には603.47百万ドルと、4年間で約6倍になっていますね!

クラウドセキュリティ関連の分野では、ダントツの成長スピードを誇っています。

2021年12月期より黒字に転換する予想で、今後の利益成長スピードにも要注目です。

データドッグの株価は2021年5月に一時60ドル代まで下落しましたが、その後は決算発表を皮切りに、130ドル台まで一気にかけ上がってきました。

直近の株価は高値でもみ合っており、今後139ドルの高値を超えてくる動きがあれば、さらなる上昇が期待できます。

直近では、バークレイズ証券が目標株価を126ドルから156ドルへ引き上げていることも、好感が持てるところですね!

⑥ プラグパワー(PLUG)

プラグパワーのホームページ

続いてご紹介する米国株のテンバガー候補銘柄は『プラグパワー(PLUG)』です!

プラグパワーは、主にフォークリフトや業務用の貨物車の動力源として使われる、水素燃料電池システムを提供している企業です。

特に2020年には、バイデン政権が掲げるカーボンニュートラル(脱炭素)やクリーンエネルギー関連の国策銘柄として、一気に注目を浴びました。

プラグパワーの業績推移

プラグパワーの業績は、研究開発や先行投資をメインにしているため、まだ赤字が続いている状態です。

昨年はM&Aにも力をいれ、液体水素メーカーである「ユナイテッド・ハイドロジェン」や電解槽の「ギナーELX」を買収し、燃料電池にかかわる技術や製法を確立したとも発表しています。

社内の体制や製品の技術力も安定してきたことから、いよいよ事業規模拡大にむけた準備が整ってきたと言えるでしょう!

プラグパワーの株価は、バイデン政権への期待感から2021年1月に75ドルの高値を付けました。

直近の株価は20~30ドルを行ったり来たりする展開が続いていますが、黒字転換が見えてくればさらなる株価の上昇も期待できます。

国策銘柄であり、今後は世界的に水素社会の実現に向けた投資が活発化する予想のため、数年単位でテンバガーになる可能性を十分に秘めている銘柄ですね!

⑦ ジュミア・テクノロジーズ(JMIA)

ジュミア・テクノロジーのホームページ

続いてご紹介する米国株のテンバガー候補銘柄は『ジュミア・テクノロジーズ(JMIA)』です!

ジュミア・テクノロジーズは、アフリカの11ヶ国でECビジネスを展開している企業です。

「アフリカのAmazon」との呼び声も高く、アクティブユーザー数は600万人を優に超えています。

ジュミア・テクノロジーズの業績は、研究開発などの先行投資に積極的なことから、赤字が続いている状況です。

日用品の取扱品目を増やしたことから顧客単価は下がってはいますが、2021年12月期は約10%の増収を予想しています。

売上規模はまだまだ小さいのですが、一方で粗利率は60%台をキープしているいことからも、利益が出やすい体質であることは間違いありません!

また同社は「ジュミアPAY」という決済システムも提供しており、今後物流網やシステムの整備が進み、さらにアフリカ経済が成長していけば爆発的に事業が拡大することも予想されます。

ジュミア・テクノロジーズの株価は、70ドルの高値まで上昇したあと調整し、現在は20ドル付近で推移しています。

同社の成長には、アフリカ経済全体の底上げが欠かせません。

数年でテンバガーになる銘柄ではないかもしれませんが、いま買って10年放置しておけば、かなり面白い株価になっていそうですね!

⑧ ドクシミティ(DOCS)

続いてご紹介する米国株のテンバガー候補銘柄は『ドクシミティ(DOCS)』です!

ドクシミティは医師向けのSNSを展開している企業で、2021年の6月に新規上場したばかりの銘柄です。

使用料や登録料は0であり、すでに米国内の医師のうち80%が登録を済ませています。

ドクシミティの主な収益源は、製薬会社や大手企業からの広告収入となります。

売上高は2019年に85.70百万ドルでしたが、2021年には206.90百万ドルと約2.5倍に成長していますね。

また営業利益も、6.92百万ドルから53.30百万$と約8倍の成長を見せています!

ドクシミティの株価は、2021年6月のIPO後から大きく上昇し、8月に発表された決算後には一時96ドルの高値をつけました。

サイト運営がおもな事業であるため固定費が低く、営業利益率も26%とかなり高いことから、ドクシミティには大きな注目が集まっています。

自己資本比率も約90%と財務面も健全で、今後のさらなる事業展開に期待がもてそうです!

⑨ サイプレイ(SCPL)

サイプレイのホームページ

続いてご紹介する米国株のテンバガー候補銘柄は『サイプレイ(SCPL)』です!

サイプレイは、スマホやパソコン向けにオンラインカジノを中心としたゲームを配信している企業です。

最近では、アメリカ国内でオンラインカジノに注目が集まりはじめており、サイプレイのアクティブユーザー数もどんどん伸びています。

サイプレイの業績推移

ゲームを配信する一般的なベンチャー企業は、新作ゲームの研究開発費に大きな資金を使うため、赤字の会社が多いです。

一方で、サイプレイはすでにオンラインカジノゲームを完成させて配信していることから、決算を公表し始めた2017年の段階で黒字化を達成しています!

業績も毎年のように増収増益を達成しており、営業利益もこの3年間で約4倍にまで成長しています。

PERは17倍程度と、過熱感がないのも魅力的ですね。

サイプレイの株価は、2020年4月ころから上昇を続けていましたが、直近は15~20ドルの間をいったりきたりする展開が続いています。

22ドルを超えると上場来高値を更新するため、株価の上昇に一段と弾みがつきそうです。

増収増益を続けている企業であるのにも関わらず、投資家の注目度はまだまだ高くありません。

世界的なオンラインカジノブームがくるのはこれからですので、テンバガーを目指して今のうちから仕込んでおきたい銘柄の1つですね!

⑩ アップスタート・ホールディングス(UPST)

さいごにご紹介する米国株のテンバガー候補銘柄は『アップスタート・ホールディングス(UPST)』です!

アップスタートは、AIをつかった融資審査をおこなっている企業です。

主に結婚式費用や住宅リフォームなど、個人による10万円~500万円程度の融資を審査の対象にしています。

アップスタートの業績は2017年に売上高が51.16百万ドルでしたが、2021年の売上高予想は746.84百万ドルと、この5年で約15倍になる計算です。

営業利益も前年度と比較して約9倍、当期利益も約16倍と驚異的なスピードで成長している会社です!

アップスタートはAIを使って融資審査をし、融資の可否を顧客に伝える会社なのですが、実際に融資を実行するのは提携している銀行です。

そのため、貸し倒れにともなうリスク等を背負うこともありません。

株価は決算発表があるたびに大きく上昇しており、8月上旬の決算発表後は140ドルから一気に200ドル近くまで株価を上げました。

市場のコンセンサス予想を上回り、業績も上方修正を出したことがとても好感されています。

コロナも落ち着き、米国景気はしばらく良い状態が続きそうなので、融資ニーズはまだまだありそうです。

今後数年かけて、テンバガーになる可能性は十分にありそうな銘柄ですね!

【まとめ】米国株のテンバガー候補10銘柄

米国株のテンバガー候補10銘柄、いかがでしたでしょうか?

なかには、あまり聞いたことのない銘柄も含まれていたと思います。

しかし「多くの投資家が知っている銘柄」は株価がすでに上がっていることも多く、テンバガーになる可能性は低くなります。

ご自身でもよく調べて頂いたうえで、今回ご紹介したような「まだあまり知られていない銘柄」に投資してみてくださいね!

>>【2021年最新版】米国株のおすすめ銘柄を7記事でご紹介【体験談】

あわせて読みたい
【2021年最新版】米国株のおすすめ銘柄を7記事でご紹介【体験談】 米国株に投資しています。どんな銘柄に投資しようか迷っています。米国株のおすすめ銘柄を知りたいので、まとめて一気に教えてください! こういった悩みを解決します。...

もし「もっといろんな個別銘柄をみてみたいな~」と思ったら、上の記事を続けてどうぞ。

それでは、米国株のテンバガー候補10銘柄をあらためて振り返っておきましょう!

米国株のテンバガー候補
  1. ショッピファイ(SHOP)
  2. ニオ(NIO)
  3. アファーム・ホールディングス(AFRM)
  4. コンテキスト・ロジック(WISH)
  5.  データドッグ(DDOG)
  6. プラグパワー(PLUG)
  7. ジュミア・テクノロジーズ(JMIA)
  8. ドクシミティ(DOCS)
  9. サイプレイ(SCPL)
  10. アップスタート・ホールディングス(UPST)

米国株については、他の記事でもテーマごとにまとめています。

米国株に投資している方は、ぜひ下の関連記事も参考にしてみてくださいね。

それでは、本日は以上です!

【関連記事】【2021年最新版】米国の成長株おすすめ10銘柄【体験談】

【関連記事】【2021年最新版】米国株初心者におすすめの銘柄10選【体験談】

【関連記事】【2021年最新版】米国のETFおすすめ10本【体験談】

【関連記事】【2021年最新版】米国株の高配当ポートフォリオ10銘柄【安全】

【関連記事】【2021年最新版】米国の連続増配当株おすすめ10銘柄【体験談】

【関連記事】【2021年最新版】米国株投資におすすめの証券会社5選【体験談】

【関連記事】【2021年最新版】米国株投資におすすめの証券会社5選【体験談】

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる